FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
新世紀、パリ・オペラ座 (2017) ★
パリに2つの劇場(ガルニエ、バスティーユ)を持つオペラ座の舞台裏を追ったドキュメンタリー。DVDで観た。
 ステファン・リスナー総裁の元で、新しいバレエ監督バンジャマン・ミルピエによる新しいプログラムへの取り組み、監督と出演者のぶつかりあい、労働争議などにも触れられている。
 ナタリー・ポートマンの名前が出てくる。ナタリー・ポートマンは好きだけど私生活に興味はないのでオペラが好きなのかと思った。バンジャマン・ミルピエが夫だった。


□ リスナー総裁が、新しいバレエ監督バンジャマン・ミルピエによるシーズンが開幕したとスピーチする。
 オーディションでロシア人青年ミハイル・ティモシェンコが選ばれた。
 たくさんのプログラムが予定されていて、力を入れている「モーゼとアロン」はコーラスとオーケストラが重要に役割を担う。1年かけてコーラスの練習が行われる。
 本物の牛を舞台に登場させるつもりで、イージー・ライダーという名前の巨牛が選ばれた。舞台ではガラスのケースに入り万一に備えて鎖でつながれる。

 職員のボーナス引き上げや人員削減に対する抗議で、組合は「モーゼとアロン」を含む新作5本のストを通告してくる。一方で助成金をくれる文化省からは大幅な人員削減を求められている。

 パリで同時多発テロが発生する(2015/11)。(現場の一つバタクラン劇場に犯人たちが侵入し観客に向かって銃を乱射した。)
 ミルピエ監督が辞任(2016/02)しメディアは理由について様々な質問をぶつけてくる。
 「マイスタージンガー」公演2日前、主役が体調をくずして降板、急きょ代役が探される。経験がありスケジュールが空いていた若手俳優がオーストリアから呼ばれた。



・ 監督: ジャン=ステファヌ・ブロン
・ 出演: ステファン・リスナー総裁

■新世紀、パリ・オペラ座 L'OPERA (2017/2017、フランス)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5710-69b85924
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)