FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
オンリー・ザ・ブレイブ (2017) ★
 2013年6月末にアリゾナ州ヤーネルで発生した大規模森林火災に立ち向かったプレスコットの森林消防隊員たちの悲劇の実話を基にした映画。
 美しい森林もいったん火がつけば燃料庫となる。建物火災では火事を消火するが、森林火災では延焼を食い止める。消防隊は燃料庫の中で火と戦わなければならない。火に囲まれて絶体絶命となった最後の手段は防火テントと呼んでいる防火シートをかぶって地面にうつ伏せになって火が行き過ぎるのをひたすら祈る。

 平時の訓練は地面を掘ったりチェーンソーで木を切り倒したりとかなり地味。
 建物火災と違い森林火災は長期戦になるので連絡を受けても装備を整えてじっくりと出かけていく。現場までヘリコプターで運ばれることもある。
 消防ヘリが消火用の水を個人住宅のプールから吸い上げていた。
 ホットショットでない地域消防団の車には"TRAINEE"(訓練生)と貼られている。
 エンドクレジットにコンサルタントとしてブレンダン・マクドナウの名前がある。


□ エリック・マーシュ率いるアリゾナ州プレスコット市の森林消防隊クルー7は地域の消防団でたとえ地元の火災であっても大規模な火災はホットショットと呼ばれる精鋭チームの指揮下に入る。ホットショットの認定はマーシュにもメンバーにとっても悲願だった。
 ヤク中だった青年ブレンダンが生まれた子供のために応募してくる。
 やっと市長がホットショットへの応募を認め検査官立ち合いのもとで実際の火事への対応が評価される。マーシュは40年の経験を持つ検査官のアドバイスに逆らって火事を食い止めた。グラニット・マウンテン・ホットショットが誕生する。

 彼らは歴史的なネズの木を延焼から守って新聞にも載った。

 2013年6月末、ヤーネルで山林火災が発生。強風で燃え広がりマーシュの隊も出動する。
 見張りに立ったブレンダンは火に囲まれてしまうがブレンダンの無線を傍受していた別のホットショットに救われた。
 マーシュたち19人は避難所を目指すが火の勢いが激しく囲まれてしまう。マーシュは防火テントを用意するように命じた。
 ・・・・


・ 監督: ジョセフ・コシンスキー
・ 原作: ショーン・フリン
・ 出演: 
   ジョシュ・ブローリン     ... エリック・マーシュ
   マイルズ・テラー       ... ブレンダン・マクドナウ
   ジェフ・ブリッジス       ... デュエイン・スタインブリンク
   ジェームズ・バッジ・デール ... ジェシー・スティード
   テイラー・キッチュ       ... クリストファー・マッケンジー
   ジェニファー・コネリー    ... アマンダ・マーシュ
   アンディ・マクダウェル    ... Marvel Steinbrink

> 予告編で日本人の歌を流しているのは、映画を創った人たちに対して無礼。映画を観る気も削がれる。

■オンリー・ザ・ブレイブ ONLY THE BRAVE (2017/2018)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5700-12304892
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)