FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
ワンダー 君は太陽 (2017) ★
ベストセラー小説の映画化。
普通に生活できるし勉強も運動もできるのに顔に障害を持っている少年が10歳になる。
母親は夫の反対を押し切って本人が嫌がっているのに普通の小学校に通わせることにする。
母親は息子に手をあげて答えるのは1日1回だけと注意する。

> カメラ・オブスクラ: ラテン語で「暗箱」の意味。「カメラ」の語源と言われている。フェルメールが絵を描くのに利用していたという説があり「真珠の耳飾りの少女(2003)」にも出てきた。
> オギー役のジェイコブ・トレンブレイは「ルーム (2015)」の少年。顔は特殊メイクでオスカー「メイク・ヘアスタイリング」にノミネートされた。

□ オギーは顔に障害をもって産まれてきた。27回の手術で一応顔らしくなった。それでもオギーの顔を初めて見た人は顔をそむけるかまじまじと見つめる。母イザベルは10歳になったオギーを普通の学校に入れることにする。
 案の定、同級生たちはオギーを避けるかいじめた。
 でもオギーはジャックと仲良くなる。

 オギーの4歳年上の姉ヴィアは弟が大好きだ。でも両親ともオギーにかかりっきりで寂しい思いをしている。ヴィアの親友ミランダがなぜかヴィアを避けるようになる。

 ハロウィンの日、オギーはジャックが自分の悪口を言っているのを聞いてしまう。
 ジャックはなぜオギーが自分を避けるようになったのかわからない。ジャックはクラスメートの中でオギーが一番好きだった。
 オギーがひとりで食事しているのを見たサマーが話しかけてくる。オギーはサマーと仲良くなる。

 落ち込んでいるヴィアは話しかけてきたジャスティンに誘われて学校の芝居のオーディションに挑戦する。
 ミランダも応募していた。ミランダは離婚した母親と暮らしている。母親はいまでも落ち込んでいる。以前はヴィアの家に遊びに行ってオギーとも仲良しだ。ヴィアに対して後ろめたいことがあってヴィアを避けてしまった。
 夜、ミランダは、窓の外からプルマン家のクリスマスを見ていた。

 イザベルはオギーが生まれたために中断していた論文の執筆を再開しようとする。しかしデータはフロッピーディスクで取り出せない。
 ・・・・・・


・ 監督: スティーヴン・チョボスキー
・ 原作: R・J・パラシオ
・ 出演: 
   ジェイコブ・トレンブレイ     ... オギー(オーガスト)・プルマン
   オーウェン・ウィルソン     ... ネート、父
   ジュリア・ロバーツ        ... イザベル、母
   イザベラ・ヴィドヴィッチ     ... ヴィア、姉

   マンディ・パティンキン     ... トゥシュマン校長
   ダヴィード・ディグス      ... ブラウン先生
   ソニア・ブラガ          ... おばあちゃん

   ダニエル・ローズ・ラッセル  ... ミランダ、ヴィアの親友
   ナジ・ジーター          ... ジャスティン
   ノア・ジュープ          ... ジャック
   ミリー・デイヴィス        ... サマー
   ブライス・ガイザー       ... ジュリアン
   エル・マッキノン         ... シャーロット

【映画】 チューバッカ、ボバ・フェット、ダーク・シディアス等スター・ウォーズのネタが出てくる。
【映画】 「オズの魔法使(1939) 」   キャンプで上映される。
【映画】 サマーが“ゴーストフェイス”と言っているハロウィンの仮面は「スクリーム(1996)」

■ワンダー 君は太陽 WONDER (2017/2018) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5696-5b6989f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)