FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
嘆きの王冠 ホロウ・クラウン ヘンリー六世 第2部 ★  (ばら戦争)
シェイクスピア舞台劇の映画化。2部構成のヘンリー六世の第2部。DVDで観た。

 ヘンリー6世王は子供のころは叔父で摂政のグロスター公の言いなりで、結婚してからは后マーガレットの言いなりになっている。 マーガレット妃はサマセット公の愛人。ヘンリー6世は穏やかな性格で父のヘンリー5世が獲得したフランスの領土やフランス王権にあまり興味を持っておらず、イングランドはフランスの領土をほとんど失い百年戦争が終わる。史実でもマーガレット王妃はランカスター軍を率いて戦い戦時の国王にふさわしい活躍をしたようだ。

 第1部の最後、自分こそ正当な王位継承者とするヨーク公とウォリック卿はヘンリー6世王に対し公然と反旗を翻した。ヨーク公は白薔薇を、国王のランカスター派は赤薔薇をシンボルとしたばら戦争が始まった。


□ 5年後、ヨーク公とウォリック公の軍は国王を擁するランカスター軍を破りサフォーク公、サマセット公が戦死する。ヘンリー王とヨーク公は、ヨーク公を王位継承者とすることで和解する。
 息子エドワードが国王になれないことに腹を立てたマーガレット王妃が軍を率いてヨーク公の城を襲った。不意を突かれたヨークは敗れヨーク公リチャード・プランタジネットは殺された。
 ヨーク公の息子エドワードが王であると宣言、ウォリック卿に支援され弟のジョージとリチャードと共に攻めてくる。ヨーク軍が勝利する。
 裸同然の姿で原野をさまよっていたヘンリー6世が捕らえられる。
 ヨーク公の息子エドワードがエドワード4世として即位した。

 10年後、ウォリック卿はフランス王ルイ11世と会い、ルイの義妹とエドワード4世の縁談交渉を進めていた。
 ところがエドワード4世はランカスター派騎士の未亡人エリザベス・ウッドヴィルに一目ぼれして結婚してしまう。
 面子をつぶされたウォリック卿は激怒。ルイ11世に庇護されていたマーガレットと和解、幽閉されていたヘンリー6世を解放して挙兵する。(注)

 戦闘の結果、ヨーク側が勝利する。ウォリック卿とエドワード王子は戦死、ヘンリー6世は獄死、マーガレットは投獄された。
 エドワード4世国王とエリザベスの間にエドワード王子が生まれた。


(注)ヘンリー6世とマーガレット妃の息子エドワード・オブ・ウェストミンスターは、ウォリック卿の末娘アン・ネヴィルと結婚した。後にアン・ネヴィルはエドワード4世国王の弟グロスター公リチャード(後のリチャード3世)と結婚する。
> 一瞬登場するブルターニュに避難した少年、リッチモンド伯ヘンリーは後のテューダー朝ヘンリー7世。 

・ 監督: Dominic Cooke
・ 原作: ウィリアム・シェイクスピア
・ 出演: 
   トム・スターリッジ       ... Henry VI
   エイドリアン・ダンバー    ... リチャード・プランタジネット、ヨーク公
   Geoffrey Streatfeild      ... エドワード四世(プランタジネット)
   ベネディクト・カンバーバッチ ... リチャード(プランタジネット)(後のリチャード三世)
   サム・トラウトン        ... クラレンス公ジョージ(プランタジネット)、エドワードの弟
   キーリー・ホーズ       ... エリザベス王妃
   スタンリー・タウンゼント   ... ウォリック卿、ヨーク派
   ソフィー・オコネドー      ... マーガレット妃

■嘆きの王冠 ホロウ・クラウン ヘンリー六世 第2部 THE HOLLOW CROWN: The Wars of the Roses Henry Ⅵ Part 2 (2012/2017、英国)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5691-20c92391
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)