FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
嘆きの王冠 ホロウ・クラウン ヘンリー四世 第一部 (TV2012) ★
ウィリアム・シェイクスピアによる15世紀初めのイングランド国王ヘンリー四世と息子ハル王子の物語は第一部と第二部がある。第一部をDVDで観た。

1399年9月、「リチャード二世」を廃位したヘンリー・ボリングブルックはヘンリー四世として即位した(ランカスター朝)。

□ ヘンリー4世国王は十字軍遠征を望んでいたがスコットランドとウェールズで反乱が起きていた。ウェールズのグレンダワー討伐に向かったモーティマー卿は捕虜となった。一方、ホームドンの丘の戦いでノーサンバランド伯の息子“ホットスパー”ハリー・パーシーがスコットランド軍を打ち破りダグラス伯を捕らえるなど大活躍をした。
 それに比べて国王の息子ハル王子は飲み屋に籠ってばかりいる放蕩息子で国王の悩みの種だった。ハル王子はデブで飲んだくれで気ままに人生を生きているフォルスタッフという爺(じじい)といつもつるんでいた。

 しかし、ハリー・パーシーとその一族は、ヘンリー王がモーティマー卿(ハリー・パーシーの妻の弟)の身代金支払いを拒否したことなどで不満を持ちスコットランドやウェールズと手を組みヨークの大司教まで抱き込んで反乱を起こした、

 酒場でバカ騒ぎしていたハル王子の元に反乱の知らせが届く。
 ハル王子は父ヘンリー王に心を入れ替えパーシーと戦って勝利すると誓う。ヘンリー王はハル王子に全軍の指揮を委ねた。
 両軍はシュルーズベリーで激突した。ハル王子はパーシーと一騎打ちして勝つ。


・ 監督: リチャード・エアー
・ 原作: ウィリアム・シェイクスピア
・ 出演: 
   ジェレミー・アイアンズ      ... ヘンリー四世
   サイモン・ラッセル・ビール    ... フォルスタッフ
   トム・ヒドルストン          ...  ハル王子
   ジュリー・ウォルターズ       ... クィックリー夫人

■嘆きの王冠 ホロウ・クラウン ヘンリー四世 第一部 THE HOLLOW CROWN: Henry IV, Part 1 (TV2012)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5666-e5c17301
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)