FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
セリーナ 炎の女 (2014) ★
20世紀初めの東部山岳地帯の製材所が舞台の男女のドラマ。DVDで観た。

初対面でたちまちお互い恋に落ちた男女が結婚し、男が所有する製材所に移り住む。父親が製材業だった女は業務に詳しくいろいろ口を出してくる。いっそのこと女性をトップにしたほうがうまくいったのかもしれない。


□ 1929年 グレート・スモーキー山脈
 製材所を経営するジョージ・ペンバートンは銀行と融資の交渉するために行ったボストンで出会ったセリーナ・ショウと結婚して製材所に戻る。駅には右腕のブキャナンが迎えに来ていた。お腹の大きい娘と父親がジョージを見つめていたがジョージは目をそらした。言い訳しようとするジョージにセリーナは「恋に落ちた瞬間私たちの過去は消えた」と言った。
 父親が製材業者だったセリーナは製材業に詳しかった。ジョージはセリーナを共同経営者にする。セリーナは自ら斧をふるって作業者たちに手本を示す。また作業者たちの恐怖の的だったガラガラヘビを自ら訓練したワシで駆除してみせて喝采を浴びる。
 存在感を強めていくセリーナにブキャナンはいらだっていく。
 国は原生林保護のために国立公園化を進めている。ブキャナンはジョージに無断で土地の売却交渉を進める。
 土地の売却をしぶるジョージに、ブキャナンは議員への賄賂をばらすと脅した。
 熊狩りの最中にジョージが熊を狙って撃った銃弾がブキャナンに当たりブキャナンが死ぬ。
 ・・・・・・


・ 監督: スサンネ・ビア
・ 原作: ロン・ラッシュ
・ 出演:
   ブラッドリー・クーパー   ... ジョージ・ペンバートン
   ジェニファー・ローレンス   ... セリーナ
     リス・エヴァンス、トビー・ジョーンズ、ダーヴィッド・デンシック、ショーン・ハリス、アナ・ウラル、サム・リード

■セリーナ 炎の女 SERENA (2014/2018、米国/フランス)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5653-ddebf4f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)