FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
エル ELLE (2016) ★
一人暮らしの女性がレイプされる。昔父親が起こした事件のせいか女性は警察とかかわろうとしないでこれまで通りの生活を続ける。しかし実は犯人に罠をしかけていく。
 イザベル・ユベールが2016年度オスカー主演女優賞にノミネートされた 
 DVDで観た。

□ ゲームソフト会社社長のミシェル・ルブランは一人暮らしの自宅に押し入ってきたスキー・マスクの男に乱暴されレイプされた。警察には知らせなかった。訪ねてきた息子が顔の傷について尋ねるが自転車で転んだと言った。
 息子は妊娠しているガールフレンドのジョジーと部屋を借りるつもり。ミシェルはジョジーが気に入らない。
 ミシェルの母イレーヌは若い男を自宅に連れ込んでいる。
 父親は39年前、残虐な大量殺人を犯し終身刑となった。事件は風化したがいまだにミシェルやイレーヌは知らない人から嫌がらせをされることがある。
 ミシェルは防犯用に催涙スプレーと斧を買う。
 ミシェルは友人で仕事のパートナーのアンナの夫ロベールと浮気する。
 ミシェルは訪ねてきた友人のリシャールを不審者と勘違いして催涙スプレーをかけてしまう。
 強風の日、向かいに住む既婚者のパトリックが雨戸を閉めるのを手伝ってくれる。
 父親が仮釈放を申請しTVが昔の事件をむしかえす。ミシェルは父親と二度と会いたくないと思っている。ネットに当時10歳だった頃と今のミシェルの写真が流される。
 ミシェルは再び黒マスクの男に襲われる。
 ・・・・・・


・ 監督: ポール・ヴァーホーヴェン
・ 原作: フィリップ・ディジャン
・ 出演: イザベル・ユペール   ... ミシェル・ルブラン
    ロラン・ラフィット、アンヌ・コンシニ、シャルル・ベルリング、ヴィルジニー・エフィラ、クリスチャン・ベルケル、ジョナ・ブロケ、ジュディット・マーレ

■エル ELLE "ELLE" 2016/2017、フランス/ドイツ/ベルギー、フランス語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5649-373a76a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)