FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
キル/オフ (2016)  ★
一人の男が不案内の土地でなぜか連続殺人犯と誤解されて住民たちに追われる。スリラーだけどここまで異常だとホラー。DVDで観た。
 携帯電話がなく固定電話が使われている。ポケットベルを使っている。ラジオも古風。

□ サム・コブリッツはカリフォルニアの砂漠地帯でまばらにしかない人家をまわってセールスをしているが、どの家も人気がなく話さえも聞いてもらえない。どうも避けられているらしい。
 ラジオから流れる「エディの告発の時間」では少女の誘拐事件を伝えている。視聴者からの情報では人殺しが女子供を次々に殺しまわっている。
 サムのポケットベルに“変態のクズ”というメッセージが入る。
 モーテルの前に止めてあったサムの車のウィンドウに“サイテー野郎”と書かれている。
 道路にスパイクストリップが敷かれていてタイヤがパンクしてしまう。
 車を置いて歩き始めたサムは前方に停まっているパトカーに気づいた。ほっとして手を振りながら近づいていくといきなり警官が撃ってくる。
 ラジオのエディは「殺人犯の名前はサム」と繰り返している。
 ・・・・・・



・ 監督: クリストフ・デロー
・ 出演: ラスティ・ジョイナー

■キル/オフ SAM WAS HERE (2016/---、フランス/米国、英語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5625-1fec432e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)