FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
シン・アルマゲドン (2016) ■
かなりお粗末な低予算SFパニック。DVDで観た。
とても貧弱なCGをたくさん使って迫力を出している。会話もむだなセリフが多くて陳腐。
違う時空の自分自身と交信して手伝わせる発想はちょっとおもしろい。


□ ニューイヤーズ・イブの夜。閃光が光り、地球は太陽が2つある別の太陽系にいた。高層大気中のメタンが結晶となって爆弾のように地表に降り注ぎ地表はがれきの山になっている。200万ボルトの電気を蓄えたEクラウドがただよう。生き残った人々はわずかな食べ物を探して飢えをしのいでいる。
 異変から1年後、コリンは救護施設で意識を取り戻すが記憶を失っている。ポケットにビルの写真が入っていたがコリンには見覚えがない。
 施設の人たちと生活物資を探しに出たコリンは、アレックスたち3人と出会う。アレックスは拳銃で他の2人を従わせている。アレックスに脅されたコリンは写真のビルに行けば10万ドル以上あると話す。ビルに入ったコリンは自分がプライト工業のCEOだと知る。
 異変の夜、コリンはCEOとしてパーティに出席していた。CMOのダニーはコリンの父親が開発した超高性能の燃料電池の販売を主張していたがコリンはしぶっていた。
 コリンはダニーのかってな行動が異変を引き起こしたと悟る。
 コリンはエンジニアのジャスパーの手を借りて地球を元の場所に戻そうとする。そのためには移動前の地球にいる自分の協力が必要だ。
 ・・・・・


・ 監督: ニック・ライオン
・ 出演: アンドリュー・ケイターズ、アレクサ・マンスール、トーニャ・ケイ、ブライアン・クラウズ

■シン・アルマゲドン EARTHTASTROPHE (2016/---) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5616-5439f81c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)