FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
レッド・スパロー (2018) ★★
ジェニファー・ローレンス主演のスパイ・スリラー。
 親戚に騙されて自分の身体を武器にして相手をたらしこむスパローにされたドミニカは、ロシアと米国の板挟みになって翻弄されているようで実は冷静に計画を進めている。
 かなりきわどいシーンもあり、ジェニファー・ローレンスがヌードを見せ、男優がxxxをモロに見せていてR15+。男優のxxxはDVDではぼかされるのだろう。

□ ボリショイバレエのダンサー、ドミニカは公演中に足を骨折してバレエの道を絶たれる。病気の母親を抱えて金に困るドミニカに情報局の叔父エゴロワが政治家を誘惑して寝れば金の心配は無くなると提案する。ドミニカの目の前で政治家が殺され殺人を目撃したドミニカは死かスパローか選択を迫られる。スパローというのは性的心理的なテクニックを使う工作員で、ドミニカは訓練を受ける。

 モスクワにいたCIAのナッシュは情報提供者マーブルを守るため騒ぎを起こしロシアを離れる。ナッシュ以外信じないマーブルは姿を消す。困ったCIAはやむなくナッシュをブタペストに送りマーブルの接触を待つ。
 上層部にCIAに通じている「モグラ」がいるとにらんだエゴロフはドミニカをブタペストに送りナッシュに接触させる。ドミニカはわざと自分の正体がバレるようにしてナッシュに自分と母親を米国に亡命させてほしいという。一方でロシア側には米国側に寝返る振りをして「モグラ」の名前を聞き出すと報告する。
 ・・・・・・



・ 監督: フランシス・ローレンス
・ 原作: ジェイソン・マシューズ
・ 出演: ジェニファー・ローレンス、 ジョエル・エドガートン、 マティアス・スーナールツ、 メアリー=ルイーズ・パーカー、 キアランハインズ、 ジョエリー・リチャードソン、 シャーロット・ランプリング、 ヒセル・キャンプ、 ジェレミー・アイアンズ

■レッド・スパロー RED SPARROW (2018/2018、英語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5605-0a9a4389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)