FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
トレイン・ミッション (2018) ★
毎日毎日同じ通勤電車で通っている中年男マイケル。乗客の多くは毎日顔を合わせる顔見知り。突然解雇され金に困ったマイケルに見知らぬ女性が通勤電車内から条件に合う人物を探し出したら大金をくれるという。元警察官のマイケルはその人物は殺されるのではないかと考える。しかし妻子を人質に取られて追い詰められる。
 邦題はスパイ映画みたいで安っぽいけれど原題は「通勤者」と地味。


□ 元警察官のマイケル・マコーリーは10年間勤めた保険会社を突然解雇される。60歳で家のローンが残っていて息子は大学生、蓄えはない。元同僚のマーフィーと飲んで愚痴った後、毎日利用利用している通勤電車に乗る直前に携帯電話を掏られてしまう。
 マイケルの前にジョアンナと名乗る女性が座りこの通勤電車の中で普段見かけないプリンという人物を探し持っているバッグにGPSを仕掛けたら25000ドルくれると言って降りて行った。ジョアンナが言った通りマイケルはトイレで25000ドルを見つける。マイケルが列車を降りようとすると封筒を渡される。中にはマイケルの妻の結婚指輪が入っていた。
 マイケルは顔見知りの通勤者の新聞に警察に電話するように書いて渡した。その男が降り道路を横断しようとして車に轢かれるところを電車内からマイケルは見た。
 マイケルは携帯電話を借りて妻に電話するが出ない。マーフィーに電話して自宅に警官を派遣するように頼む。借りた電話にジョアンナから電話がかかってくる。
 ・・・・・


> 通達即時解雇が可能な米国で家をローンで購入する心理が理解できない。


・ 監督: ジャウマ・コレット=セラ
・ 出演: 
   リーアム・ニーソン    ... マイケル・マコーリー
   ヴェラ・ファーミガ     ... ジョアンナ
       パトリック・ウィルソン、ジョナサン・バンクス、エリザベス・マクガヴァン、フローレンス・ピュー、サム・ニール

■トレイン・ミッション THE COMMUTER (2018/2018)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5602-d0d977b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)