FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
エメラルドシティ Vol.1 (TV2017) ★
オズの魔法使(1939)」と同じ原作のTVミニシリーズ全10話の1、2話をDVDで観た。

 原作のドロシーは小屋ごと竜巻で飛ばされるが、本作では20歳過ぎのドロシーがパトカーごと飛ばされる。
 原作では東の魔女を殺して喜ばれるが本作では拷問されるなど、原作と比べるといろいろおもしろい。
 少々大人向きになっている。


【1】 The Beast Forever

 カンザス州の小さな町ルーカス。嵐の日、カレン・チャップマンは赤ちゃんのドロシーをゲール家に預ける。
 20年後、ドロシーは病院で働いている。カレンが突然ドロシーに連絡をしてくる。嵐の日、育ての親のエムおばさんに言われてドロシーはカレンを訪ねる。カレンの家では男が死んでいて地下室にはカレンが倒れていた。ドロシーに拳銃を向けた警官は竜巻に飛ばされ、ドロシーはパトカーに逃げ込むがパトカーごと空に舞い上げられた。

 パトカーは雪の積もった森に落ちて赤い服の女性にぶつかって殺してしまう。赤い服の女性は慈悲深く厳格な東の森の魔女で、魔女を殺せるのは魔女か永遠の獣だけ。マンチキン村に着いたドロシーは拷問されて魔女だと告白させられるがドロシーは必死に無実を訴えた。
 ドロシーは村を追放される。ドロシーを案内する部族のオジョは警察犬を彼らの言葉で犬を意味とする“トト”と呼んだ。オジョの妻は永遠の監獄に捕らわれていて解放できるのは東の魔女だけだった。20年前、永遠の獣が暴れた時ウィザードがエメラルドの都を守った。オジョはドロシーにエメラルドシティに行ってウィザードに謝罪するように黄色い道を示した。黄色いのはケシの花粉の色だった。
 エメラルドシティのウィザードは東方で空から何かが落ちてきた事を知りエイモンに発見し処理するように命じた。エイモンがマンチキン村に着くが東の魔女の死体はなくなっていた。
 ドロシーは「ニンベ」という道標に傷だらけで縛り付けられていた男を助けた。男は頭にも傷を負い記憶を失っていて自分の名前さえ思い出せない。ドロシーは男をルーカスと呼ぶことにする。ドロシーとルーカスの前に東の魔女が現れふたりを苦しめる。東の魔女はドロシーに騙されて死ぬ。


> 字幕には無いが英語音声では「マンチキン・ビレッジ」と聞こえる。ドロシーが落ちた村の名前。

【2】 Prison of the Abject

 東の魔女の遺体が都に運ばれる。北の魔女と西の魔女が20年ぶりに再会する。ウィザードは東の魔女を葬る魔女たちの儀式を民衆に公開させる。
 ウィザードに頼んでカンザスに帰りたいドロシーはエメラルドの都を目指している。
 マーカスの腹部の傷が出血し、ドロシーは教えてもらったモンビという女性の家を訪ねる。最初はそっけなかったモンビはマーカスの剣を見て家に招き入れた。
 ドロシーの薬草でマーカスが回復に向かう。モンビによればマーカスの剣はニンボの人たちを虐殺した魔法使いの兵士のものだという。
 モンビはチップという男の子を監禁していて近所のジャックが助けようとしていた。モンビによればチップはモンビが与える薬なしでは生きられない身体だった。
 モンビがマーカスを殺そうとしたため、ドロシーはチップを逃がす。ドロシーはモンビに殺されそうになるがマーカスがモンビを殺した。
 チップはジャックと逃げる。朝、チップの身体に異変が起きる。


・ 監督: ターセム・シン
・ 原作: L・フランク・ボーム
・ 出演: 
  アドリア・アルホナ           ... ドロシー・ゲール
  オリヴァー・ジャクソン=コーエン  ... ルーカス、カカシ
  アナ・ウラル               ... 西の魔女
  ミド・ハマダ                ... エイモン、ウィザードの手下
  ゲラン・ハウエル             ... ジャック
  ジョーダン・ロックラン          ... チップ
  ジョエリー・リチャードソン        ... グリンダ(北の魔女)
  ヴィンセント・ドノフリオ          ... オズの魔法使い

■エメラルドシティ EMERALD CITY (TV2017)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5598-3a27ff56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)