FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
曇天に笑う(2018、日本) ■
原作もアニメも知らないが今回見た実写映画は私にはおもしろくなかった。
やたら騒ぐけれどしらじらしい。陳腐で聞き飽きた台詞。感動場面らしい映像と音響が長々と続くけれど共感できない。
そろそろ終わりかと腕時計を見たらまだ3分の1だった。

□ 明治初期の琵琶湖畔大津の町を守っているのは曇天三兄弟。
 300年に一度曇天が続きすべてを滅ぼすオロチが復活するという伝説があった。
 琵琶湖に浮かぶ島の脱獄不可能な「獄門処」を風魔一族が占領しオロチ復活の準備をはじめる。
 政府の岩倉具視配下の5人の犲(やまいぬ)がオロチの復活を阻止するために大津に乗り込んでくる。
 ・・・・・


・ 監督: 本広克行
・ アクション監督: 小池達朗
・ 原作: 唐々煙 『曇天に笑う』
・ 出演: 福士蒼汰、 中山優馬、 古川雄輝、 桐山漣、 東山紀之(岩倉具視)

■ 曇天に笑う (2018、日本) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5591-294ea2f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)