FC2ブログ
どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に書き留めている個人的なブログ。 写真はパリ ノートルダム大聖堂(2000) 文中敬称略。文&写真:どんくら
blank13 (2018、日本) ★
わけのわからない予告編を見てとりあえず見ることにした。
妻子3人を貧乏のどん底に置き去りにした父親が13年後に現れた時には死にかけていた。
深刻な映画ではないし、ふざけてはいるけれどふざけた映画ではない。感動作ぽいけれど感動しづらい。
どうしようもない親父だったけれど、みんなに感謝されている。でも妻子を不幸のどん底に置き去りにしたのも事実。


□ コウジが幼いころ父親の松田雅人はギャンブル好きで多額の借金をつくり怖い人たちが何度も自宅まで取り立てに来て親子4人は息をひそめていた。ある日父親はタバコを買いに行ったまま姿を消した。母洋子は必死に働いてコウジと兄ヨシユキを育てた。兄弟も働いた。
 13年後、父親が胃がんで入院していて余命3カ月とわかる。母子3人は集まり見舞いに行くか相談するが誰も行かないことにする。
 コウジにとって父親はいやな思い出も多かったがキャッチボールをして遊んでくれた。コウジは父親を訪ねる。父親は相変わらず電話で借金を頼んでいた。

 父親が死に葬儀が行われる。母親は喪服を着て家を出たものの公園のベンチに座っていた、
 妙な人たちが参列する。
 兄弟は父親の意外な一面を知る。
 ・・・・・・



・ 監督: 齊藤工
・ 原作: はしもとこうじ
・ 出演: 高橋一生、 松岡茉優、 斎藤工、 神野三鈴、 リリー・フランキー、 佐藤二朗

■ blank13 (2018、日本) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5577-03ed8531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)