どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

宇宙戦争 (1953)
英国の作家H・G・ウェルズが19世紀末に発表したSF小説の映画化。DVDで観た。
奇妙な形の火星人など、今見ると笑えるけれど、原作はライト兄弟以前に地球外生物の侵略を描いた。

CGさえなかった時代の映画なので、マシーンをつるしているワイヤが見えるなど映像的にはしょぼいところもあるけれど、緩急の使い方がうまいのか今見ても緊迫感が伝わってくる。

映画は原作の舞台イングランドを米国に移している。

トム・クルーズ、ダコタ・ファニングの「宇宙戦争(2005)」も同じ原作だけど、本作を意識したようなシーンも多く原作の再映画化というより本作のリメイクだと感じられる。

□ 夜、カリフォルニアに巨大な火の玉が落下。近くに釣りに来ていた天文と原子物理のフォレスター博士がやってくる。隕石が冷えてから調査するため博士は町に行き博士を尊敬する教師のシルビアたちとダンスを楽しんだ。
 突然町中が停電となる。博士たちは隕石の場所に駆けつける。隕石から伸びた触角のようなものが光を放ちパトカーを一瞬で消し去った。
 博士は軍隊の出動を要請する。マシーンは怪光線を放って軍隊を攻撃した。
 軍はさらに戦車を含む大軍を投入する。 
 同様の火の玉が世界各地に落下する。最初の隕石の近くにも第2の隕石が落下する。
 最初の宇宙船がリーダーで仲間の降下を指揮しているらしい。

 明け方、隕石から上部に触角のある円盤(マシーン)が3台浮き上がって移動を始める。
 軍隊が攻撃準備をする中で、シルビアの伯父の牧師が対話を試みようと歩いて接近し光を浴びて消失する。
 軍隊は一斉に砲撃を開始するがマシーンはシェルターに守られてまったく無傷。
 逆にマシーンからの攻撃によって戦車も兵士も消えてしまう、

 フォレスター博士はマン将軍を通じてワシントンに事態を知らせる。
 ジェット機による爆撃も試みられるがまったく効果がなかった。

 世界各地で戦闘が起き人類は負け続けていた。
 落下したシリンダー(隕石)には3台のマシーン(円盤)が搭載されていて組織的に連携してあらゆるものを焼き尽くしている。
 徒歩で逃げているフォレスター博士とシルビアは隠れていた家で火星人と対決し、彼らが使用している電子の眼と血液を入手する。血液の分析から火星人は生物学的に弱いことがわかる。

 ワシントンでは原子爆弾の使用を決断する。従来の10倍の威力の原爆が投下されたがまったく効果がなかった。
 最後の望みは科学者たちにかかっている。しかし研究機材や科学者たちを乗せたトラックがパニックになった暴徒たちに襲われ最後の望みも消え去った。

 人類を絶滅から救ったのはとても小さなものだった。



・ 監督: バイロン・ハスキン
・ 原作: H・G・ウェルズ
・ 出演: ジーン・バリー、アン・ロビンソン
・ テクニカラー/1.66:1

■宇宙戦争 THE WAR OF THE WORLDS (1953/1953)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5495-b39c7358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)