どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

今週末公開される映画  2017/08/11,12
【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 スパイダーマン:ホームカミング (字幕版) 金曜日公開

過去何度も映像化されたスパイダーマンだけど、2012年の「アメイジング・スパイダーマン」からわずか5年でリブート。
ヴィランのバルチャー役のマイケル・キートンは昔は「バットマン(1989)」だった。    トム・ホランド


 ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦  (チェコ/英/仏)

第二次世界大戦中、英国政府とチェコスロバキア亡命政府により計画されたエンスラポイド作戦(実話)を基にした映画。当時、チェコスロバキアはドイツに占領され、チェコ地域はベーメン・メーレン保護領としてドイツに併合されていた。同作戦は同地域の統治者ラインハルト・ハイドリヒの暗殺作戦で、英国にいたチェコスロバキア亡命軍の兵士が英軍機でチェコスロバキアにパラシュート降下した。


 海底47m 

人食いサメが泳ぎ回る海中につりさげられた檻の中からサメを見る“シャークケージ・ダイビング”に挑戦した姉妹。ワイヤーが切れて水深47mの海底に。    クレア・ホルト、 マンディ・ムーア


 少女ファニーと運命の旅 (フランス/ベルギー)  金曜日公開

1943年、ドイツ支配下のフランス。大人とはぐれた9人のユダヤ人の子供たちがスイスを目指す。リーダーは13歳の少女ファニー。自伝の映画化。


 ターミネーター2 3D   金曜日公開

ターミネーター2 (1991)」を3D化


【今週末から米国で公開されるおもしろそうな映画】

 アナベル 死霊人形の誕生   日本では10月公開

「 死霊館 (2013)」に登場したアナベル人形の誕生を描いた「アナベル 死霊館の人形(2014)」の続編。
娘の死から数年後、人形師と妻は閉鎖された孤児院から修道女と少女たちを自宅に住まわせた。


(掲載しているのは私が興味を持った映画の原語版のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。)



テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5319-c7e11f6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)