どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

グッド・ウィル・ハンティング旅立ち (1997)  ★
「特殊相対性理論」を発表した時アインシュタインはスイスの26歳の特許局員だった。
サウスボストンに住むウィルは掃除人や肉体労働者として働きながら好きな本を大量に読み豊富な知識を蓄えている。単に記憶力がいいだけでなく超難解な数学の問題をあっさり解くような才能も持っている。ウィルの才能を認めたランボー教授は、ウィルの才能を埋もれさせたくないと考える一方で、ウィルの能力が自分を超えていることに恐れを感じている。

20年前の映画。「午前十時の映画祭」で観た。

オスカーの 助演男優賞(ロビン・ウィリアムズ)/脚本賞(マット・デイモン)を受賞し、作品賞/監督賞(ガス・ヴァン・サント)/主演男優賞(マット・デイモン)/助演女優賞(ミニー・ドライヴァー)/主題歌賞/音楽賞/編集賞にノミネートされた。

マット・デイモンとベン・アフレックは10歳頃にMIT(マサチューセッツ工科大学)やハーバード大学があるマサチューセッツ州ケンブリッジで出会った幼馴染。ケンブリッジはボストン対岸。

□ サウスボストンでひとりで暮らすウィルはいつもチャッキーたち3人とつるんでポンコツ車を飛ばし喧嘩をし酒を飲んでいる。掃除夫をしていたMITで、廊下に掲示されていた数学の問題を解いてしまう。チャッキーたちと行ったハーバード大学生たちがたむろするバーで、からんできた頭の良さを自慢する学生をあっさりと言い負かしたウィルは女子学生のスカイラーに電話番号をもらう。

 MITの天才数学者ランボー教授が出した最高難易度の問題を説いたのが生徒ではなく掃除夫の少年とわかって教授は驚く。
 ウィルは何度も犯罪を犯し今度は警官を殴って裁判にかけられていた。ウィルは豊富な法学知識で検事を圧倒するがこれまでの裁判でのウィルの弁論を知る判事はウィルを刑務所に入れる。
 ランボー教授は判事を説得してウィルを釈放させる。条件は週に一度ランボー教授と会うことと、セラピーを受けること。教授は高名な精神分析医にウィルのセラピーを依頼するがウィルは圧倒的な知識で言い負かしてしまう。5人の先生を怒らせてしまったウィルを、ランボー教授は長年の確執のあるショーンの元に連れていく。
 いやがるショーンを、ラマヌジャン並の天才だと説得する。ショーンと会ったウィルはショーンが描いた絵を分析しショーンの内面をえぐりだす。しかしショーンはウィルとの面談を続けることにする。
 ウィルとスカイラーは付き合うようになる。
 ショーンはウィルの外面の強さに隠された内面の弱さを解きほぐそうとする。

 いくつもの先進企業やNSAからもウィルは勧誘される。しかしウィルは興味を示さずチャッキーと工事現場で働いている。
 ・・・・・


> MIT:マサチューセッツ工科大学

・ 監督: ガス・ヴァン・サント
・ 脚本: マット・デイモン、ベン・アフレック
・ 出演: ロビン・ウィリアムズ、マット・デイモン、ベン・アフレック、ステラン・スカルスガルド、ミニー・ドライヴァー、ケイシー・アフレック、コール・ハウザー、スコット・ウィリアム・ウィンタース

■グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち GOOD WILL HUNTING (1997/1998)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5305-5e3ac6c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)