どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ピザ! (2014、インド)  ★
インド南部のスラムに住む幼い兄弟とその家族の暮らしを描いている。

 原題は「カラスのたまご」。兄弟が「カラスのたまご」を巣から獲って飲むので子供たちから「カラスのたまご」と呼ばれている。特に弟は自分を「小さなカラスのたまご」と呼んでうれしがっている。カラスは真っ黒ではなく頭の付近が白く体にも白い部分がある。
 いつもはだし。かなり不衛生。ゴミの浮いた川で遊んでいる。金持ちの子供との格差は歴然。
 貧しい子供たちが線路に落ちている石炭を拾って売るのは「ライオン 25年目のただいま(2016) 」にも出てきた。

 そんなスラムのすぐそばに金持ちしか行けないようなピザ・レストランができる。
 兄弟は食べたくてたまらないが夫が刑務所にいる家庭にそんな余裕はない。兄はパパよりもピザが良いと言った。他のシーンでは父親のことを家にいても食べて寝ているだけと言っている。
 出てくる警官も議員もピザ屋もほとんどの大人は悪い人たち。妻が夫のために刑務所に支払った金はどこに消えたのだろうか。子供が殴られたのをネタにして儲けようとする小悪党もいる。小悪党の親分と子分が自分が賢いつもりでつもりで立ちまわって物語が急展開する。コメディだけどインドのいろいろな問題が描かれている。

 観ていて一番気になったのはシチュー(注)しか食べたことのない兄弟がピザをおいしいと感じるのかどうかということ。最後にわかる。
 (注) ニンジンが「シチュー(字幕)」と言っている。想像するに香辛料の強いいわゆる日本でいうカレーではないだろうか。

> せっかくの新しい服を足で踏みつけて洗ったらたちまち痛むだろう。
> ピザはかなり厚めの生地で日本のデリバリーピザに似た感じ。


□ スラム街に住む家族。夫の母親、妻、幼い兄弟。弟はいまだにおねしょをしている。

 夫は刑務所にいる。妻は保釈にはあと30000ルピー必要だと言われる。前に渡した金はなくなったらしい。
 妻は工場で働いている。同僚に勧められ夫の保釈に口添えしてもらおうとクズ議員に頼みに行くが会わせてさえもらえない。

 貧しくてお金がないので、兄弟は学校に行かず、線路脇で石炭を拾ってお金をもらい母親に渡している。線路で働いているニンジンと仲良くなる。兄弟は母親にTVをねだるが買えるはずがない。
 子供たちがクリケットをしていた遊び場が塀で囲われて工事が始まる。カラスの巣がある木も切り倒された。
 母親が配給でTVをもらってくる。祖母も他からもらって一度に2台のTVがやってくる。
 近所に住む金持ちの子ロケッシュは庭でワイヤレスのヘリコプターで遊んでいる。父親に25000ルピーの子犬を買ってもらった。
 遊び場だったところに大きなピザ・スポットが開業する。開店式典には映画スターのシンブもやってきてテープカットをした。窓越しにシンブが店内でおいしそうにピザを食べているのが見えた。TVでコマーシャルが流れている。
 兄弟はピザを食べたくてたまらないが300ルピーもする。兄弟の1日の稼ぎは10ルピー。
 母親は夫の保釈のためにお金をためようとしている。兄はパパよりもピザが良いと言った。
 おばあちゃんがパンフレットの写真を見ながらピザに似たものを作ってくれる。だけど糸を引かない。おばあちゃんは糸をひくのは腐ったものだと言った。おばあちゃんが作ったのはダールだった。
 兄弟に同情したニンジンが秘密の場所を教えてくれる。一生懸命石炭を売って300ルピー貯めた兄弟はピザ店に行くが玄関にいる警備員に追い払われる。ロケッシュが残しておいたピザをくれようとするが兄は自分たちのお金で買うと言って断る。
 追い払われたのは服が汚かったからだと思った兄は服を買おうとする。そのためにはさらに200ルピーくらい必要。兄弟はいろんな仕事をしてお金を貯める。拾った子犬を25000ルピーで売ろうとするが駄目だった。
 新しい服に着替えた兄弟は意気揚々とピザ店に行くがまた追い払われそうになる。文句を言ってると店から出てきた店主が兄をたたいて倒した。見ていた子供たちがはやし立てた。
 兄弟が家に戻るとおばあちゃんが死んでいた。
 ・・・・・・


> ダール:南インドの、米と豆を原料とするクレープ状の料理(らしい)。

・ 監督: M・マニカンダン
・ 出演:
     V.Ramesh     ... 小さなカラスのたまご
     J. Vignesh     ... 大きなカラスのたまご
     Aishwarya Rajesh ... カラスのたまご達の母親

> クレジットは英語とタミル語

■ ピザ! "Crow's Egg" காகத்தின் முட்டை (2014/---、インド、タミル語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5256-239cac25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)