どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

光をくれた人 (2016) ★
オーストラリアの孤島の灯台を守る若い夫婦。生まれてくるはずの赤ちゃんを失った直後の母親の前に身寄りのない赤ちゃんが現れたら? おまけにそこには夫以外誰もいなかったら? その赤ちゃんを自分の子供として育てたくなるのは無理もない気がする。
 愛する妻のために妻の言い分に従った夫は究極の選択を強いられる。根は実直で正直な男で子供を失った実の母親のことを思うと罪悪感でいたたまれない。愛する妻を守ってすべての罪をかぶろうとする。
 取り上げられた娘を返してもらえるかもしれない。そのためには自分の罪をすべてかぶり死刑になるかもしれない夫を裏切ること。
 自分の娘を取られた母親は一度は恨むものの、やさしかった夫の「人を恨むには怨み続けなければならないが赦すことは一度だけで済む」という言葉を思い出す。

 イザベラの両親が娘が会って間もない男と結婚して孤島に住むことを許すのが不思議だった。戦争でたくさんの若い男が死に花婿が不足していたことも理由の一つかもしれない。
 町との連絡はモールス信号を使っていた。

□ 1918年12月、フランスの戦地(第一次世界大戦)から帰還したトム・シェアボーンはヤヌス島灯台勤務を希望する。重要な灯台だが僻地の孤島で灯台守以外誰も住んでいない。孤独から精神障害を起こした前任者が復帰するまでの半年間の臨時雇用となる。
 トムは町でイザベルと出会う。灯台に赴任したトムはイザベルと文通をするようになる。
 3か月後、トムは正式に雇用される。
 トムとイザベルは結婚してヤヌス島に住む。2年後、イザベルは妊娠するが流産してしまう。
 再びイザベルは妊娠するがまたもや流産となる。2回目の流産の2日後、島にボートが漂着する。ボートには死んだ男と泣いている赤ちゃんが乗っていた。トムは町に報告しようとするがイザベルは赤ちゃんを自分たちの子供として育てようと言い張った。トムは男の死体を葬り、町には出産したと連絡した。
 2年後、トムとイザベルはルーシーと名付けた赤ちゃんの洗礼のために町に行く。トムは墓地で2年前に海で行方不明になった男と女の子のお墓を見つけた。町の有力者ボッツ家の娘ハナの夫フランクと娘グレイスの墓で日付は島にボートが流れ着いた前日だった。敵国ドイツ人のフランクは町で嫌がらせを受け危険を感じて赤ちゃんのグレイスと共にボートに乗り行方不明となった。
 罪の意識を感じたトムは娘は無事で生きていると書いた匿名のメモをハナの郵便受けに入れた。

 さらに3年後、灯台建設40周年の記念行事にトムとイザベルはルーシーを連れて出席する。式典には町の有力者ポッツ氏と娘のハナも出席していた。
 ・・・・・


・ 監督: デレク・シアンフランス
・ 原作: M・L・ステッドマン "The Light Between Oceans" (翻訳本『海を照らす光』)
・ 出演: マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィカンダー、レイチェル・ワイズ、ブライアン・ブラウン、ジャック・トンプソン、Florence Clery

■光をくれた人 THE LIGHT BETWEEN OCEANS (2016/2017、英国/ニュージーランド/米国) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5247-8fdefcdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)