どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

スプリット (2017) ★★
3人の女子高生が誘拐監禁される。誘拐犯は多重人格者で次から次に別の外見と性格で3人の前に現れる。M・ナイト・シャマラン監督のスリラー。 ジェームズ・マカヴォイの顔をよく知っているせいか人格が変わってもあまりぴんと来なかった。

最後のシーンで、まさか!と思わずガン見した。

ヒッチコックの「サイコ(1960)」を始め多重人格を扱ったスリラー映画は結構多い。本ブログ内にも「フランキー&アリス (2010)」「サイコ リバース(2010)」「MAD探偵 7人の容疑者 (2007)」その他がある。

偶然だけど3人中2人は最近観たばかり。
 アニヤ・テイラー=ジョイ(ケイシー)は「モーガン プロトタイプ L-9 (2016)」では人造人間の役。
 ヘイリー・ルー・リチャードソン(クレア)は「スウィート17モンスター (2016)」で親友の兄貴と寝る。「ラスト・サバイバーズ(2014)」では銃を撃ち日本刀を振り回していた。

□ 学校では始終居残りをさせられている問題児のケイシーは同級生のクレアの誕生会に招かれる。帰り、マルシアと共にクレアの父親が運転する車で送ってもらうことになる。運転席に知らない男が乗り込んできてケイシー、クレア、マルシアが誘拐される。
 3人は地下室らしい小さな部屋に監禁される。誘拐した男はデニスだった。部屋の外で女性の話し声がする。部屋に入ってきた女性パトリシアは、女装したデニスだった。さらに9歳のヘドウィグも現れる。脱走を試みた3人は別々の部屋に閉じ込められる。

 精神科医師のカレン・フレッチャー医師は患者のボビーと会う。ボビーは23人の人格を持つ解離性同一性障害患者(多重人格)だった。ボビーは会いたいとメールをなんども寄越したが実際に会うとそのたびに何でもないという。フレッチャー医師は別の人格がボビーのふりをしていると感じる。
 ケビンやパトリシアはもうすぐ24人目のビーストが来ると言っている。
 ・・・・・


・  監督・脚本: M・ナイト・シャマラン
・ 出演: 
   ジェームズ・マカヴォイ ............ ケビン、パトリシア、ヘドウィツク、その他
   アニヤ・テイラー=ジョイ ............ ケイシー
   ベティ・バックリー ............................ Dr.カレン・フレッチャー
   ヘイリー・ルー・リチャードソン ...... クレア
   ジェシカ・スーラ .................................... マルシア
   M・ナイト・シャマラン、 ブルース・ウィリス

■ スプリット SPLIT (2017/2017) (字幕版)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5233-c0bc1b9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)