どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

今週末公開される映画  2017/05/19,20
【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 メッセージ (字幕版)  金曜日公開

 宇宙から飛来した12個の構造物が世界各地の上空に浮かぶ。異星人の意図を探るために言語学者のルイーズ・バンクス博士が呼ばれる。オスカー音響編集賞を獲得、作品賞・監督賞など7部門にノミネートされた。
  エイミー・アダムス、 ジェレミー・レナー、 フォレスト・ウィテカー

  夜に生きる 

 禁酒法時代のボストン。父親は警察幹部、兄たちも警察官の三男ジョーは父親に反発して家を飛び出し裏社会でのし上がっていく。
  ベン・アフレック(兼監督)、 エル・ファニング、 シエナ・ミラー、 ゾーイ・サルダナ、 クリス・クーパー

【今週末から日本で公開されるけれど多分見ない映画】  

 たたら侍  (日本)

戦乱の時代、出雲の山奥に名刀を生み出すすぐれた鋼を作り出す技術があった。村の青年伍介はその技術を狙って村を襲う軍勢から村を守ろうとする。
 モントリオール国際映画祭で最優秀芸術集を受賞したらしいが、何度予告編を見せられてもおもしろさを感じないし興味を引かない。

【今週末から米国で公開されるおもしろそうな映画】

 エイリアン:コヴェナント   日本では9月公開

宇宙移住船が着陸した星は人間が呼吸できる大気があり穀物が茂っていた。しかし、動物がいない...
    リドレー・スコット監督 マイケル・ファスベンダー、キャサリン・ウォーターストン
 「プロメテウス (2012)」の続編。前作では「エイリアン(1979) 」との関係は大っぴらではなかったが、ウェイランド社が出てくるなどヒントがあった。今回は大っぴらに姿を現す。

 Diary of a Wimpy Kid: The Long Haul (2017)

 「グレッグのダメ日記 (2010)」「グレッグのおきて (2011)」の続編


(掲載しているのは私が興味を持った映画のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。)

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5223-c795093d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)