どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

キング・コング (2005) ★★
キング・コング(1933)」のリメイク。以前映画館で観た。今回DVDで再度観た。
 1976年版リメイク「キングコング(1976)」では映画撮影ではなく石油を求めて島に行くなどオリジナル版の設定を変えていたが、本作はオリジナル版に戻し撮影のために島に向かう。1930年代始めの世界恐慌時代。アン、ジャック、カール・デナムなどの役名も同じで、コングが昇るのもエンパイア・ステート・ビル。ただしジャックは船員ではなく脚本家、アンは映画女優ではなく舞台でコミカルなアクロバットなどを見せるボードビリアン。コングを見世物にしたときの看板「キング・コング 世界第8の不思議"KING KONG EUGHTH WONDER OF THE WORLD"」、最後のデナムの台詞「(飛行機ではなく)美女が野獣を殺した"It was beauty killed the beast"」も同じ。

 カール・デナムが女優候補として名前を出す“フェイ・レイ”は「キング・コング(1933)」のヒロイン。フェイ・レイはクーパー監督のRKO映画、つまり「キング・コング(1933)」を撮影中のため起用できない。
 キングコングには美女がかかせない。1933のフェイ・レイ、1976のジェシカ・ラングはどちらも20代後半だったのに対し、本作のナオミ・ワッツは30代後半だけど映画では可愛らしくセクシーでおばさんには見えない。
 エンパイア・ステート・ビルのてっぺんにいるコングに真っ正面から近づきながら撃たない複葉機のパイロットは1976年版のコング役のリック・ベイカー

 CGが使える時代となり恐竜の動きも(ストップモーションや着ぐるみとは違って)なめらか。恐竜の暴走シーンはかなりの迫力だしスリルもある。コングが片手にアンを持ったまま3匹の恐竜と戦うシーンや、アンの捜索隊が巨大な虫に襲われるシーンもふんだんで、昔映画館で観た時のメモには「本筋に無関係なCGが多すぎ」と書いてあった。

□  1930年代始めの世界恐慌時代のニューヨーク。出資者に見限られた動物映画監督のカール・デナムは撮影のために船を手配するがあてにしていた女優に降板されてしまう。街で女優を探していたデナムは失職中の舞台女優のアン・ダロウを見つけて誘う。アンは脚本家が舞台を見たことのあるジャック・ドリスコルと聞いて引き受ける。ジャックはデナムに脚本を渡して船を降りるつもりだったがデナムに騙されて降りられずやむなく同行することになる。
 アンやジャックは目的地がシンガポールと聞かされていたが、実はデナムは海図にも載っていない伝説の島、髑髏島(Skull Island)を目指していた。

 濃い霧の中に迷い込んだ船は海からたくさんの岩が突き出た海域に入り込み座礁する。船から見える島には高い塀が連なっていた。船員たちが必死に船を修理している間に撮影隊はボートで島に向かう。島には岩で築かれた塀が連なり砦の跡があった。撮影隊は島民に襲われ1人が殺されるが残りは追って来た船長たちに助けられて船に戻る。夜、島民が船に侵入しアンを連れ去る。

 アンを救い出すため銃を持って全員が島に上陸する。
 アンは壁の反対側で両手を縛られて吊るされていた。アンの目の前に巨大なサルが現れる。
 壁の向こうで吠え声とアンの悲鳴が聞こえ、船長は捜索隊を壁の向こう側に送り出す。恐竜の群れを見つけたデナムは撮影を始める。突然恐竜の群れが暴走を始め捜索隊は必死に逃げる。さらに捜索隊は巨大なサルに遭遇し巨大な虫の群れにも襲われた。デナムはカメラを落としフィルムを台無しにしてしまう。救出に来た船長たちによって生き残りは救われるがジャックはひとりでアンを探しに行く。フィルムを失ったデナムはサルを生け捕りにして連れ帰り見世物にして大儲けしようと船長に提案する。

 アンはサルのいない間に逃げ出すが恐竜に襲われる。サルが現れてアンをかばいながら恐竜たちと戦った。アンはサルは自分を傷つけないと悟る。ジャックはサルが巨大コオモリの群れと戦っているすきにアンを連れ出して逃げる。ジャックとアンは塀の中に逃げ込むが、追ってきたサルは待ち構えていたデナムたちに捕らえられてしまう。

 デナムはブロードウェイの劇場でサルを「キング・コング 世界第8の不思議」として見世物にする。
 コングが暴れだし劇場をぶちこわしてニューヨークの街で暴れまわり始める。
 アンがコングの前に姿を現しコングはアンを持って静かになる。
 しかし、軍が機銃で攻撃を始めたためコングはアンを持ったままビルからビルに飛び移りエンパイア・ステート・ビルディングに昇る。
 機銃を積んだ複葉機の編隊が周囲を飛び始めるとコングはアンをおろし、さらに上に昇っていく。
 ・・・・・


・ 監督: ピーター・ジャクソン
・ 出演: ナオミ・ワッツ、 エイドリアン・ブロディ、 ジャック・ブラック
   トーマス・クレッチマン、コリン・ハンクス、ジェイミー・ベル、エヴァン・パーク、カイル・チャンドラー、アンディ・サーキス(コング)

■キング・コング KING KONG (2005/2005)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5217-14678879
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)