どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

キング・コング (1933)
約80年も昔の最初のキング・コング映画。モノクロ/スタンダード・サイズでもちろんCGのなかった時代。昔多分TV放映したものを観たことがある。今回DVDで観た。
 「キングコング:髑髏島の巨神 (2017)」ではコングは島民を守っているが、このオリジナル版では島民の恐怖の存在でコングが人をくわえるシーンもある。
 コングが登場するのは映画開始から40分後。コングの動きはストップ・モーションで撮影されている。
 大写しになったコングの顔は、今見ると笑える。場面によってコングの身長がずいぶん違って見える。

□ 1930年代始めの世界恐慌時代のニューヨーク。ジャングル映画で有名なカール・デナムは出航前夜ニューヨークの町で腹を空かせていた女優志望のアン・ダロウを次回作の主役とおだてて船に乗せる。船には通常の3倍の人員と強力なガス爆弾が積まれていて、船長でさえ行き先を知らされていなかった。出航後、アンは船員のジャックと親しくなる。
 カール・デナムが明かした目的地は東インド諸島南西にあるらしい“コング”と呼ばれる怪物の住む島だった。

 島があるはずの場所は濃い霧で包まれていた。船は頭蓋骨(skull)に似た山と巨大な壁がある島に着く。
 一行がボートで島に上陸すると島民たちがコングに若い娘をささげる儀式をしていた。魔術師はコングへの贈り物としてアンを買いたいと言う。デナムは拒否して船に戻る。
 夜、島民が船に忍び込みアンをさらう。デナムたちは銃や爆弾を持って救出に向かうがアンはすでに連れ去られていた。
 デナムたち捜索隊は巨大な壁の門を開けてジャングルに入り込む。ジャングルには巨大な恐竜たちがいた。捜索隊は恐竜や巨大なサル「コング」に襲われデナムとジャックだけが生き残る。ジャックはひとりでアンを救出に向かい、デナムは壁に戻り待機していた船長たちに状況を説明した。
 ジャックはコングが翼竜と戦っている間にアンを救い出し壁まで連れ帰る。
 怒ったコングが追ってきて門を打ち破り村を破壊するがガス爆弾で眠り込んでしまう。

 デナムはコングをニューヨークに連れ帰り「キング・コング 世界第8の不思議」と宣伝して見世物にする。劇場には婚約したアンとジャックも出演する。しかしカメラマンたちのフラッシュに興奮したコングが鎖を切ってニューヨークの町に逃げ出してしまう。
 ジャックとアンはホテルの部屋に隠れるがコングに見つかりアンが連れ去られる。
 コングはアンを持ったままエンパイア・ステイト・ビルディングに昇る。
 機銃を搭載した飛行機(複葉機)が近づきコングを攻撃する。コングはアンを見つめ静かにビルに降ろして、落下していった。
 デナムは「(飛行機ではなく)美女が野獣を殺した"It was beauty killed the beast"」と言った。


・ 監督: メリアン・C・クーパー、アーネスト・B・シュードサック
・ 原作: エドガー・ウォレス
・ 特撮: ウィリス・H・オブライエン
・ 出演: フェイ・レイ、 ロバート・アームストロング、 ブルース・キャボット
・ モノクロ/スタンダード

> 船長の知る言葉が島民と通じた

■キング・コング KING KONG (1933/1933)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5204-22484589
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)