どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

バーニング・オーシャン (2016)  ★
2010年4月10日に発生したメキシコ湾原油流出事故を引き起こした海上石油掘削施設の爆発火災を描いた映画。7月15日に流出が停止されるまで膨大な量の原油が流れ出してメキシコ湾を汚染し自然環境や周辺の産業に被害を与えた。映画は燃え盛る施設に取り残された作業員たちの脱出を描くパニック映画。

 ルイジアナ南東76キロのメキシコ湾で作業を行っていた石油掘削施設「ディープウォーターホライズン(原題)」で噴出した天然ガスに引火して大爆発が起き施設が炎上、海底深く伸ばした掘削パイプが折れて原油が海中に噴出した。
 「ディープウォーターホライズン」は海上に浮かびスクリューも備え操縦して移動もできる半潜水式の「船」だが通常時は自動的に位置を調整して海底深く伸びた5500mのパイプをまっすぐに保ち石油掘削が可能な機能を備えている。韓国で製造されこれまでメキシコ湾各地で使用されてきた実績のあるもの。当時はBP(ブリティッシュ・ペトロリアム)社が経営しトランスオーシャン社が管理していた。BP社は遅れた工期を短縮させるためにいくつもの安全確認作業や必要な手順を簡略化したり省略していた。事故当時施設には126人がいた。

オスカー音響編集賞と視覚効果賞にノミネートされた。

□ チーフ技師のマイクは管理者のジミーと共に3週間の勤務予定でヘリコプターでディープウォーターホライズンに着く。近くにはまだ不要のはずの泥水運搬船バンクストンが待機していた。長時間かかるセメントテストを請け負った会社が帰るところだった。
 BP社のヴィドリンがコストと時間節約のためにテストをさせずに返してしまったのだ。ジミーの主張によって負圧テストが行われ異常な値が出るがBP社はセンサーの誤作動と言う。別のテストで異常とは言い切れなかったため泥水の除去作業が開始されバンクストンへの積み込みが開始される。泥水が異常に噴出するがまもなく止まる。
 操縦室にいた船位維持操縦士のアンドレアはパイプ室ガス発生の警報ランプに気づくが警報の誤動作はいつものことだった。
 夜の10時ごろ、マイクは自室で妻フェリシアとSkypeで話していたが突然異常な爆発が起き停電となる。
 バンクストンからはディープウォーターホライズンのあちこちで爆発が起き炎上するのが見えた。
 沿岸警備隊に周辺の船から次々に緊急連絡が入った。衛星からもはっきりわかるほどの巨大な火災が確認できた。
 突然映像が切れたため不安になったフェリシアはあちこちに電話をかけてディープウォーターホライズンの火災を知った。
 ・・・・・


・ 監督: ピーター・バーグ
・ 出演: マーク・ウォールバーグ、 カート・ラッセル、 ジョン・マルコヴィッチ、 ジーナ・ロドリゲス、 ディラン・オブライエン、 ケイト・ハドソン

■バーニング・オーシャン DEEPWATER HORIZON (2016/2017) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5202-ee896f0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)