どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

美女と野獣 (2017)(2D字幕) ★★
元々ミュージカル映画は好きだけどとても良かった。映像も音楽も歌もすばらしい。エマ・ワトソンの歌声も聞いていてとても心地よい。ただしベルが城に行って初めての食事場面は絵も音楽も騒々しくてベルがちっとも食べられずにうんざりした。

村人はモーリスよりもガストンを信じる。モーリスは村の出身ではなくパリから来たよそ者。ガストンは酒場の壁に"GASTON THE HUNTER"と絵が描かれるほどの村では英雄。

 フランスのボーモン夫人の著書『美女と野獣"La Belle et la Bête"』を原作とするディズニーアニメ「美女と野獣(1991)」のディズニーVFX実写ミュージカル映画版。他に舞台ミュージカル化した「美女と野獣(1994)」があり一度だけ観たことがある。
 この映画ではベルが住んでいる村の名前はヴィルヌーヴ村。「美女と野獣」は最初1740年にヴィルヌーヴ夫人によって書かれた。1756年にボーモン夫人が書き直した短縮版で広まった。

> ボーモン夫人の原作では娘の名前は不明。美人3人姉妹の末娘は特別きれいだったので幼いころはベランファン("la belle enfant"、美しい子)と呼ばれ、大きくなりベル(美人)と呼ばれるようになった。「ベル&セバスチャン(2013)」の犬の“ベル”と同じ。ボーモン夫人版にはガストンや城の家来たちは出てこない。⇒ 「美女と野獣 原作と映像化
> 王子の名前も不明。歌詞の中では "Prince Charming"となっている。
> パリのシーンの字幕で「疫病」。音声では"plague(ペスト)”。14世紀に大流行した。このころはパリにも風車があったようだ。
> 鳥のくちばしのような突起の付いた仮面はペスト医師が使うマスクで、悪性の空気から守るための香辛料が詰められた。
> 一部の国では男同士のダンスシーンが問題になったらしい。2回目に観た時に最後のパーティで一瞬映るのを見つけたけれどたまたま相手を取り違えたのかもしれない。むしろ女装シーンの方が問題になりそう。

□ フランスに美しいものだけが好きな美しい王子がいた。美しい城に美しい人たちだけを招いたパーティの最中にやつれた老婆が城に入ってきたので追い出そうとする。老婆は実は魔女で呪いをかけて王子を野獣に家来たちを調度品に変えた。一輪の魔法の薔薇の最後の花びらが落ちるまでに王子が人を真に愛し愛されることを学ばなければ呪いは永遠に解けなくなる。城の周囲は一年中雪で覆われ村の人々は城の事を忘れた。

 ヴィルヌーヴ村で暮らすベルは父親と二人暮らし。読書好きで村では変人と思われている。父親は小さな村で心も狭いが安全だと言う。戦争好きで乱暴でがさつなガストンに言い寄られているがベルにその気はない。父親が組み立てた発明品を持って馬のフィリップに引かせた馬車で出かけていく。
 フィリップだけが戻ってくる。フィリップはベルを乗せて6月だと言うのに雪に覆われた古い城に連れていく。父親は恐ろしい顔をした野獣に牢に入れられていた。父親はベルにあげようと野獣が大切にしていた薔薇を盗んだのだ。ベルは父親を逃がし自分が牢に入る。
 城には時計や燭台になった家来たちがいてベルを牢から出し食事を用意してくれる。禁じられた西の塔でベルはガラスに入った一輪のバラを見つける。野獣が怒り狂ったためベルはフィリップに乗って城を逃げ出すがオオカミに囲まれる。野獣が駆けつけてベルを救うが自分も傷ついて倒れた。ベルは野獣を城まで運び看病した。ベルと野獣は仲良くなる。お城には高い天井まで本で埋まったベルには夢のような部屋もあった。
 ある日、ベルは魔法の鏡を通して、野獣の事を話した父親が村でひどい目にあっていることを知る。野獣はベルを自由にする。村に戻ったベルは父親の言う通り野獣がいるというがガストンに閉じ込められてしまう。
 ガストンは恐ろしい野獣を退治しようと村人を率いて城に向かった。
 ・・・・・


・ 監督: ビル・コンドン
・ 原作: ボーモン夫人"La Belle et la Bête"、「美女と野獣(1991)」、「美女と野獣(1994、舞台)」
・ 出演: エマ・ワトソン(ベル)、 ダン・スティーヴンス(野獣)、ルーク・エヴァンス(ガストン)、ケヴィン・クライン(モーリス)、
  ジョシュ・ギャッド、ユアン・マクレガー、イアン・マッケラン、エマ・トンプソン、スタンリー・トゥッチ、ネイサン・マック、 ググ・ンバータ=ロー、オードラ・マクドナルド

> 日本語版予告編で流れるテーマ曲はなんで"BEAUTY AND THE BEAST"だけ英語なのか? ダサッ!

■美女と野獣 BEAUTY AND THE BEAST (2017/2017)(2D字幕)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5201-d2a6d2a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)