どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

グレートウォール (2016) (3D字幕) ★
見せ場いっぱいの娯楽アクション大作。見て楽しむ映画で中身はあまりない。
黒色火薬は6~7世紀ころに中国で発明されたらしい。
ウィリアムが仕えた「ハロルド2世」は1066年イングランド王。彼らの持つ剣に十字の印があるので11世紀終わりころで中国は宋(北宋)の頃という設定らしい。禁軍というのは宋の皇帝直属軍。
キング・コング(2017)」では脇役だったジン・ティエンが将軍にまでなり宙を飛んで大活躍している。

□ ヨーロッパで戦ってきた兵士たちが黒色火薬という強力な兵器を持ち帰るために東方を目指すがすでに20人以上が死亡し数名しか残っていない。そのひとりウィリアムは夜襲ってきた獣の腕を切り落として追い払った。騎馬民族に追われたウィリアムとトバールの目の前に巨大な壁と戦闘準備を整えた大軍(禁軍)が現れる。禁軍に捕らわれたふたりは殺されそうになるがウィリアムが持っていた獣の腕は、彼らが饕餮(とうてつ)と呼ぶ怪物のものだった。饕餮は60年に一度襲来するため禁軍は軍備を整えて待ち構えていた。饕餮の大群が襲ってきてし壁を登ってくる。ウィリアムたちは奇抜な兵器や秩序だった禁軍の闘いに目を見張る。ウィリアムたちは壁を登り切って侵入した饕餮と戦い目覚ましい働きをして禁軍の将軍に認められる。
 ふたりを尋問したリン隊長(女性)はなんとふたりと同じ言葉(注)を話せた。そこにはすでにバラードというヨーロッパ人がいてリンはバラードに言葉を習った。バラードもやはり黒色火薬を求めてやってきたが25年間も逃げられずにいた。バラードはふたりに黒色火薬や武器を盗んで逃げようと提案する。
 饕餮は前回来襲時よりも賢くなっていた。饕餮の罠にかかり将軍が死ぬ。将軍は後継にリンを指名した。
 ・・・・・


(注) 「英語」となっていたが当時のウィリアムたちの共通語があるとすれば多分ラテン語だろう。


・ 監督: チャン・イーモウ
・ 出演: マット・デイモン、 ジン・ティエン、 ペドロ・パスカル、 ウィレム・デフォー、 アンディ・ラウ

■グレートウォール 長城 THE GREAT WALL (2016/2017、中国/米国、英語/中国語普通話)(3D字幕)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5200-314d51c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)