どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

はじまりへの旅  (2016) ★
社会の仕組みは間違っているという信念の基、自分の子供たちを独自のやり方で育てている男。頭脳も身体も並外れた子供たちが育っている。途中までは男がすばらしく思えたが、権力には勝てないとあっさりあきらめようとするあたりからほころびが出てくる。男には社会に刃向かうとか改革するつもりはなく、ただ逃げているだけ。他人をだますやり方は教えている。ある意味父親の成長物語。
 でもボウドヴァンの最後の選択、ナミビアは父親の教育の成果なのかもしれない。
 ヴィゴ・モーテンセンは本作でオスカー/ゴールデングルーブの主演男優賞にノミネートされた。

□ ベンは森の中で自分の6人の子供たちと自給自足で暮らしている。幼い子供たちまで格闘や登山の訓練を行っている。学校には通っていないが、書籍も読んでいて幼い子でも通常の高校生以上の知識を持ち且つ理解している。全員がドイツ語や北京語も話せる。エスペラントを話せる子もいる。
 心を病み3か月以上前から実家に近い病院に入院していた妻のレスリーが自殺する。ベンが遺言状を確認すると仏教徒のレスリーは火葬を望んでいる。しかしレスリーの父親はキリスト教会で葬儀を行い土葬するつもり。ベンは電話で故人の遺志を尊重するよう訴えるが父親はベンが葬儀に現れたら警察に逮捕させるとおどした。
 一度はあきらめようとしたベンだが子供たちの強い希望でコロラドに向けて自家用バスを出発させる。
 長男のボウはいくつもの有名大学に合格しているが父親に言い出せない。
 次男のレリアンは、クリスマスではなくチョムスキーの誕生日を祝う父親のやり方に疑問を持ち始める。
 ・・・・・・


・ 監督: マット・ロス
・ 出演: ヴィゴ・モーテンセン、フランク・ランジェラ、キャスリン・ハーン、スティーヴ・ザーン
   ジョージ・マッケイ、サマンサ・イズラー、アナリース・バッソ、ニコラス・ハミルトン、シュリー・クルックス、チャーリー・ショットウェル
・ ロケ: ワシントン州、ニューメキシコ州
> ロケはニューメキシコだが台詞で「コロラド」と言っている。
> ノーム・チョムスキー: 米国の哲学者。誕生日は12月7日
> スポック博士の育児書: 1946年に刊行された世界的なベストセラー
> Jesse Jackson 88 : ベンのTシャツ。米国の公民権活動家で牧師のジェシー・ジャクソンが1988年の大統領選挙に立候補した時のものだろう。

■はじまりへの旅 CAPTAIN FANTASTIC (2016/2017) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5183-a79b9488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)