どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

マッド・ドライヴ (2015) ★
クレイジーな1997年の英国音楽業界を描いたニコラス・ホルト主演の犯罪コメディ。DVDで観た。
邦題はなぜか「マッド・ドライヴ」だが車の映画ではない。
A&R"Artists and Repertoire"というのは音楽出版会社でアーティストや楽曲の発掘や製作を担当する人。

□ 1996年UK音楽業界は初めて売り上げ10億ポンドを突破して活況。

 1997年、ロンドン。UNIGRAMのA&Rのスティーブンは同僚のロジャーを次の部長だとおだてながら、内心では次は自分だと思っている。A&Rに必要なのはいかにライバルを蹴落とし上司を失脚させるかという才能だと思っている。
 アーティストたちは脅しや嘘で契約金を釣り上げようとする。A&Rにとって多額の契約金の曲は大ヒットしなければ回収できない。
 アーティストが自分の才能に溺れ誰にも理解されない独創的な楽曲を作り上げればたいていは失敗する。そんなアーティストの巻き添えになったA&Rは責任をとらされてクビになる。
 アーティストもA&Rも、プレッシャーや恐怖心をごまかすためにドラッグや酒に溺れている。

 A&R部長のデビッドが失敗して退職する。
 自分が部長に昇進すると思っていたスティーブンが大金で契約したダンスソングが大ズッコケ。ロジャーが次期部長に内定する。

 スティーブンは、ロジャーを殺す。
 ロジャーの死体が発見され、スティーブンが暫定的に部長代理となる。
 刑事がスティーブンに会いに来てロジャーが死んだ夜のことについて尋ねる。ついでに自分の曲のCDを置いていく。
 スティーブンは人気急上昇中のザ・レージーズに注目しCEOのデレクからも必ず契約するように命令される。しかしすでにEMIのトニー・ホールが接近しメンバーの信頼を得ていた。レージーズはトニーと契約したがっている。
 どうしてもレージーズがほしいデレクは奇策を打つ。
 ・・・・・


・ 監督: オーウェン・ハリス
・ 原作: ジョン・ニヴン "KILL YOUR FRIENDS (2008)"
・ 出演: ニコラス・ホルト、トム・ライリー、ジョージア・キング、クレイグ・ロバーツ、ジョゼフ・マウル、ジェームズ・コーデン、ジム・ピドック      with ロザンナ・アークエット、 モーリッツ・ブライブトロイ

■マッド・ドライヴ KILL YOUR FRIENDS (2015/2016、英国) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5169-30d69cab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)