どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

セルフレス 覚醒した記憶 (2015) ★
不治の病にかかった年配の大金持ちが、年取った身体を捨て健康な若い身体に乗り換えて人生を楽しむ。人生を一からやり直すのではなく金もあるし長年の経験と知識を生かすことができる。
 新しい若い身体は人工的に作られたものだと聞いていたが、実は妻子のいる男の身体だった。他人の人生を奪って長生きすることに男は罪悪感を感じる。
 DVDで観た。

□ ニューヨークに住む大富豪のダミアン・ハイルは末期ガンで半年も持たないと宣告されていた。ニューオーリンズで妻の墓参りをしたダミアンは友人マーティンと会っていたレストランで倒れ救急車で運ばれる。彼の死は新聞で大きく報じられた。

 実はダミアンは生きていて、秘密の組織のオルブライトによって意識を若い肉体に移し替えられ、エドワード・キドナーとなりニューオーリンズで若さに満ちた暮らしを楽しむ。ただし副作用を防ぐ薬を飲む必要がある。
 薬を飲み忘れたエドは、かぼちゃの給水塔や女性の幻覚を見る。オルブライトは子供の頃にどこかで見た映像だろうと言ってハワイ行きを勧める。
 オルブライトに不信感を持ったダミアンはハワイに行くと見せかけてセントルイスに行きかぼちゃの給水塔を見つける。
 給水塔の近くの家に住む女性、マデリンはダミアンを見て驚く。ダミアンはエドの身体は人工培養でつくられたと聞いていたが、本当はマデリンがおぼれ死んだと聞かされていた夫マークの身体だった。マークは病気の幼い娘アナの治療費のために妻に内緒で自分の身体をオルブライトに売ったのだった。
 オルブライトは生きているマークを見たマデリンを殺そうとする。ダミアンはマデリンとアナを連れて逃げる。しかし薬がないと発作を起こしてしまう。
 ・・・・・・


・ 監督: ターセム・シン
・ 出演: ライアン・レイノルズ、ベン・キングズレー、ナタリー・マルティネス、マシュー・グード、ヴィクター・ガーバー、デレク・ルーク

■セルフレス 覚醒した記憶 SELF/LESS (2015/2016) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5148-088e5fe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)