どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ベル&セバスチャン 新たな旅立ち (2015) ★
ベル&セバスチャン(2013)」の続編。DVDで観た。
 エンドクレジットで流れる歌はガブリエラ役のチラン・ブロンドーが歌っている。2001年生まれのフランス人モデル。IMDB Tribia によれば(誰が決めたのかわからないが)最も美しい顔100の5位(2016)。

(前作) セザールはセバスチャンに母親のことを話した。1935年、セザールは雪山で苦しんでいる美しいロマの女性を発見した。聖セバスチャンの日、女性は山小屋で男児を出産した直後に死んだ。セザールはセバスチャンと名付けて育てた。
 前作で、セザールの姪のアンジェリーナは英国のフランス亡命政府に参加するためスイスに去っていった。
 原作小説の舞台はピレネー山脈だが前作映画ではナチスに迫害されるユダヤ人をスイスに脱出させるエピソードで舞台はフレンチアルプス。

□ 1945年9月、サン・マルタン村
 戦争が終わりレジスタンスとして戦っていたアンジェリーナが2年ぶりに帰ってくるのでセバスチャン、セザール、ベルは村の入り口で待っていた。しかしバスにアンジェリーナは乗っていなかった。村に電話が入りアンジェリーナが乗った米軍機がイタリア国境付近の山に墜落したことがわかる。山火事が起き機体は全焼し遺体は見つからなかった。

 セザールは小型飛行機を持つピエールに金を渡して捜索を頼む。ピエールは同乗を断り現地に向かう。
 飛行機から見ると山火事は収まっておらず機体は大破していた。ピエールは引き返そうとするが機内に隠れていたセバスチャンは火事とは違うオレンジ色の煙を見つける。現場に引き返すように言うセバスチャンとピエールとベルがもみ合いになり制御を失った飛行機は湖のほとりに不時着して壊れる。
 セバスチャンとベルはアンジェリーナを探しに徒歩で出発する。やむなくピエールも後を追う。
 熊に襲われていたイタリア人の少女ガブリエラをベルが助ける。
 ・・・・・


・ 監督: クリスチャン・デュゲイ
・ 出演: フェリックス・ボッスエ、チェッキー・カリョ、ティエリー・ヌーヴィック、チラン・ブロンドー、マルゴ・シャトリエ

■ベル&セバスチャン 新たな旅立ち BELLE ET SEBASTIEN, L'AVENTURE CONTINUE (2015/---、フランスフランス語/イタリア語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5141-bbc685c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)