どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

スノーデン (2016) ★
米国政府諜報機関(NSA/CIA)はテロや犯罪容疑者だけでなくすべての一般市民を対象に監視している。9年間CIAやNSAで勤務していたエドワード・スノーデンが2013年6月に香港で行った暴露は、NSAから持ち出した膨大なデジタルデータという証拠を伴っていた。

自分には無関係と思っても知人の知人の知人が監視対象だったら自分も監視対象に加えられているかもしれない。チャットで米国の悪口を囁いただけでテロ容疑者にされているかもしれない。電源を切ったパソコンのカメラを通して盗撮されているかもしれない。間違いなく今でも監視は続いているだろうしましてやあの新大〇領だったら何をしでかすことやら....

関連映画として香港でスノーデンの暴露を撮影したローラ・ポイトラス監督によるドキュメンタリー映画「シチズンフォー スノーデンの暴露(2014)」がある。2014年度オスカーで長編ドキュメンタリー賞を獲得した。

□ 2004年、愛国心に燃えるエドワード・スノーデンは特殊部隊を志願するが訓練中に骨折して除隊を余儀なくされる。
 自分が国のために役立てる仕事として次にスノーデンが選んだのはCIAだった。コンピュータオタクのスノーデンは訓練生の中でずば抜けた能力を持っていた。配属されCIAで働いているうちにCIAが誰の承認も受けずに一般市民を覗き見していることを知る。CIAを辞めたスノーデンは、外部企業の契約スタッフとしてNSAで働くようになる。日本の横田基地にいた時には、友好国日本が反抗した時には日本中のシステムをシャットダウンさせるトラップをしかけてあると聞いた。ハワイのNSAセンターでは自分が他の用途のために開発したソフトが一般市民の監視用に利用されていることを知る。
 2013年6月3日、スノーデンは香港のホテルの一室でカメラを前にしてドキュメンタリー作家ローラ・ポイトラスと記者のグレン・グリーンウォルドに話し始めた。
 ・・・・・


・ 監督: オリヴァー・ストーン
・ 原作: ルーク・ハーディング、アナトリー・クチェレナ
・ 出演: ジョセフ・ゴードン=レヴィット、シェイリーン・ウッドリー、メリッサ・レオ、ザカリー・クイント、トム・ウィルキンソン
スコット・イーストウッド、ローガン・マーシャル=グリーン、ティモシー・オリファント、ベン・シュネッツァー、レイキース・リー・スタンフィールド、リス・エヴァンス、ニコラス・ケイジ

■スノーデン SNOWDEN (2016/2017) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5106-c584054a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)