どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

アドベンチャー・アイランド (2016) ★ (ジッピとザッペ)
どこの国でも親が子供に観てほしくないと思うようなワルガキのコミックが子供たちに人気らしく、この映画はスペインの人気コミック「ジッピとザッペ"Zipi y Zape"」の映画版。 ジッピとザッペは双子の兄弟でジッピは金髪でザッペの髪は褐色。同じ悪ガキでもザッペの方がワルで、ジッピの方がいくぶん行儀が良くて賢い。
アメイジング・トイワールド カラクリ地下迷宮とおもちゃ王の秘宝(2013)」と監督は同じだがジッピとザッペ役は変わっている。
DVDで観た。

□ クリスマスのおもちゃ屋に忍び込んで火事を起こしたジッピとザッペは新聞に顔写真まで載せられて謹慎中。両親はふたりにするお仕置きを出しつくしてしまい困り果てる。

 父親が出版社に呼ばれ、ふたりは両親とともに車で島に渡り出版社に向かうが道に迷い「子供の家」という屋敷に泊めてもらう。
 館の主人ミス・パムは孤児ではないが親に問題のある子供たちと暮らしていた。
 夜、赤毛の女の子のピッピが窓から入ってきてゴーストをつかまえると言ってドアから出ていった。

 朝、ジッピとザッペはミス・パムに呼ばれる
 ミス・パムは「出版社と言うのはふたりをここに連れてくるための口実で、両親は二人を見放してここに置いて去った。」と伝えた。車もなくなっていた。
 ジッピとザッペはミス・パムの子供たちに加わる。
 ふたりの部屋に新しく来たマッキーとフレッキーが加わる。
 夜、ピッピが窓から入ってきてゴーストをつかまえると言う。4人はピッピについていってゴーストに出会う。逃げ回っているうちにジッピとザッペは庭師の部屋で父親の車の中にあったはずのザッペのパチンコを見つける。
 ・・・・・


・ 監督: オスカール・サントス
・ キャラクター原案:ホセ・エスコパル
・ 出演: テオ・プラネル、トニ・ゴメス、イリヤ・カステリャノ、マキシモ・パストール、アナ・ブランコ・デ・コルドバ、Fermí Reixach、エレナ・アナヤ

■アドベンチャー・アイランド ZIPI Y ZAPE Y LA ISLA DEL CAPITAN (2016/---、スペイン)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5071-de0b373f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)