どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

今週末公開される映画  2016/12/23,24
> 年末年始の映画館
 一部の映画館で休館のところがある。また大晦日の夜や元旦の朝の回を休映するところもある。中には数日間休むところもある。シネコンではないいわゆる単館上映館やミニシアターに元旦休館が多い。
 シネコンは元旦も上映するところが多い。ただし大みそかや元旦は他の日とスケジュールが異なるかもしれない。

> 2017年1月7日に公開される「パシフィック・ウォー  原題: USS INDIANAPOLIS: MEN OF COURAGE」は、太平洋戦争末期、日本に投下する原爆を輸送する極秘任務を命じられた巡洋艦インディアナポリスを描いている。映画「JAWSジョーズ(1975)」のサメ漁師クイント(ロバート・ショウ)はインディアナポリスの乗組員だった。任務はやり遂げたもののその後日本の潜水艦の攻撃によって艦は沈没した。極秘任務のため沈没の情報が友軍に伝わらず救助が遅れ多数の犠牲者が出た。マクベイ艦長は軍法会議にかけられた。


【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 バイオハザード:ザ・ファイナル(字幕版) 金曜日公開

2002年の「バイオハザード」からの第6弾で完結編。邦題だけラストとかファイナルとかつける映画も多いがこの映画の場合は原題も"THE FINAL CHAPTER"となっている。日本のゲームを元にしているためか日本以外の各国では2017年1月以降に公開される。
   ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、イアン・グレン
   日本ではバラエティ・タレントのイメージが強いローラが英語を話してアクションしている。
   レッド・クィーン役のエヴァ・アンダーソンは、ミラ・ジョヴォヴィッチとポール・W・S・アンダーソン監督の娘

 聖杯たちの騎士    金曜日公開

脚本家として成功したリックは愛を求めて6人の美女と巡り合う。
    クリスチャン・ベイル、ケイト・ブランシェット、ナタリー・ポートマン、アントニオ・バンデラス、ウェス・ベントリー、イザベル・ルーカス、テリーサ・パーマー、フリーダ・ピント、イモージェン・プーツ

 アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場  金曜日公開

 米軍との共同作戦で英国軍はケニアのナイロビでテロリストのアジトを突き止める。遠隔操縦のドローンによるミサイル攻撃は可能だが、アジトを攻撃すれば横でパンを売っている少女も巻き添えで死んでしまう。
 米国ネバダ州クリーチ空軍基地では地球の裏側の無人爆撃機を操縦してテロリストへの攻撃を行っている。操縦士は自分が傷つく恐れのまったくない環境で人を殺し、仕事が終われば家族の待つ自宅に戻る。
    ヘレン・ミレン、アーロン・ポール、アラン・リックマン、イアン・グレン
 同じテーマの映画:「ドローン 無人爆撃機 (2013)」「ドローン・オブ・ウォー(2014)」

(掲載しているのは私が興味を持った映画のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。公式サイトは時間がたつと別のものに置き換わることがしばしばあります。)




テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5060-e94836cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)