どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

マフィアは夏にしか殺らない (2013、イタリア) ★
シチリアのパレルモで育った少年の一途な初恋物語をコメディタッチで描いているが、実際に描かれているのは1970~1990年ころにマフィアと勇敢に戦い犠牲になった人たちや彼らを護衛していて巻き添えになったSPたちを当時の映像を使って紹介している。

DVDで観た。

□ 1969年12月10日の夜、パレルモ。
 その日結婚したアントゥーロの両親が夢中になって励んでいるまさにその時、階下のマフィアのボス、コブラの事務所を警官に変装した5人が急襲して虐殺した。激しい銃声に精子たちがおびえる中でアントゥーロだけがなんとか卵子に到達した。
 アントゥーロの洗礼をそこそこに、マフィアがバックのチャンチミーノ市長の誕生を祝った司祭は10年後、修道院の中の豪勢な自宅で射殺される。
 10年後、いまだにしゃべることができなかったアントゥーロが最初に言った言葉は“マフィア”だった。
 マフィアの犯罪がニュースで流れると町の人は、「マフィアなんてうそ。殺されたのは女のせいだ。」と笑った。
 アントゥーロは転校してきたフローラに一目ぼれする。
 ケーキ屋でアントゥーロに「イリス」をごちそうしてくれたジュリアーノ警部(機動捜査隊隊長)がその店で暗殺された。
 マフィアのリイナがパレルモの支配をもくろみ次々にライバルたちが殺される。
 アンドレオッティ首相はシチリアに犯罪組織はないと言ったが、マフィアと対峙するためパレルモに赴任したダッラ・キエーザ将軍が暗殺される。
 フローラの窓を覗いているのを黙っていてくれたフローラと同じ建物に住むキンニーチ判事が暗殺される。
 フローラはスイスに引っ越していった。
 パレルモの人たちはようやくマフィアの存在に気がついた。
 2人の判事、ファルコーネとボルセリーノがマフィアの大規模な摘発に乗り出した。
 しかし大ボスのリイナは自宅のTVで裁判をながめていた。
 ・・・・・・・

 1992年、ファルコーネ判事とボルセリーノ判事が相次いで殺害される。
 ・・・・・・・


・ 監督: ピエルフランチェスコ・ディリベルト
・ 出演: クリスティーナ・カポトンディ、ピエルフランチェスコ・ディリベルト"Pif"、クラウディオ・ジョエ

> アントゥーロがパン屋で出会ったジュリアーノ警部におごってもらう「イリス」を探したがわからなかった。見かけはアンパン型のドーナツに似ている。リコッタチーズのパンケーキというのが近いかもしれない。

■マフィアは夏にしか殺らない LA MAFIA UCCIDE SOLO D'ESTATE (2013/---、イタリア)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5051-d1600190
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)