どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

マダム・フローレンス! 夢見るふたり (2016) ★
フローレンス・フォスター・ジェンキンスは20世紀前半の米国で人気があったソプラノ歌手。しかし彼女のコンサート限られた人たちしか招待されなかった。76歳でカーネギーホールで公演しチケットはまたたく間に完売した。彼女はとんでもなく歌が下手だった。

フローレンスは1868年にペンシルバニア州の裕福な家庭に生まれた。ピアノの才能に恵まれ幼いころにホワイトハウスでヘイズ大統領の前で演奏したこともある。高校卒業後、Dr. ジェンキンスと駆け落ちし1885年に結婚する。病気をうつされ別れる。1909年に英国人のシェークスピア俳優シンクレア・ベイフィールドと出会う。父親の遺産によってかなりの資産家となる。1912年から個人的なコンサートを始める。シンクレアはフローレンスのパートナー兼マネージャーとして彼女を支えた。
 実話に基づく映画"Based On True Event"

 フローレンス・フォスター・ジェンキンスは1944年10月25日にカーネギーホールでコンサートを行い、その1か月後に亡くなった。カーネギーホールでのライブはCD「人間の声の栄光????」として日本でも発売された。
 シンクレア・ベイフィールド"St Clair Bayfield"はフローレンスの死後、キャサリン・ウェザリー"Kathleen Weatherley"と結婚した。
 フランス映画「偉大なるマルグリット (2015)」は彼女から着想した映画。マルグリットは自分の歌声の録音を聞いて自分の歌の真実に気づく。

□ 第二次世界大戦中の1944年、ニューヨーク。多くの音楽家を支援しているフローレンスは、若い頃から不治の病に侵されていた。パートナーのシンクレアは彼女を支えていた。
 カーネギーホールでのリリー・ポンズの歌声に魅了されたフローレンスは名指揮者に歌を習うことにする。歌の伴奏者としてコズメ・マクムーンが雇われる。歌の練習が始まりコズメはフローレンスの歌のひどさに啞然とするが、シンクレアも名指揮者もフローレンスを絶賛する。
 フローレンスは小規模なコンサートを開催するがチケットを買えるのはフローレンスと親しい人たちやシンクレアが許可した人たちだけだった。シンクレアは買収に応じた批評家以外の入場を阻止した。
 フローレンスは自分の歌声をレコードに録音し知人に配ってしまう。フローレンスの歌声がラジオで流れるが、戦争で負傷した兵士たちの間で勇気を与えてくれると大評判となる。
 フローレンスはカーネギーホールで歌うことを決め1000枚のチケットを軍に寄付する。
 ・・・・・・


・ 監督: スティーヴン・フリアーズ
・ 出演: メリル・ストリープ、ヒュー・グラント、サイモン・ヘルバーグ、レベッカ・ファーガソン、ニナ・アリアンダ

■マダム・フローレンス! 夢見るふたり FLORENCE FOSTER JENKINS (2016/2016、英国) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5044-5d3082ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)