どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

五日物語 3つの王国と3人の女 (2015) ★
17世紀初めにナポリで出版されたバジーレ著「ペンタメローネ(五日物語)」には50話の物語が収録されている。そのなかには後に出版されるペローやグリムのシンデレラ、眠れる森の美女、ラプンツェル、スノーホワイト、ロバと王女、他に似た物語もある。

映画に出てくる8角形の奇妙な形の城はカステル・デル・モンテ城。その他イタリア南部やシチリアを中心にロケされていて、建物や町、景色を見るだけでも価値がある。

映画は三つの話が互い違いに進行するが同じ場面に三つの話の出演者が顔を出すところもある。

音声/タイトル/クレジットは英語だった。映画の中では国名は出てこなかったがクレジットには表記されている。
R12でヌードもある。

□ 
① ロングトレリス国の王妃は子供ができずまったく笑わない。国王夫妻は不思議な男から海の怪物の心臓を処女が調理したものを食べれば妊娠すると聞かされる。国王は自ら海に潜り海の怪物を仕留めて死ぬ。王妃は心臓を持ち帰り処女に調理させて食べるとたちまち妊娠して一晩で出産する。生娘も妊娠して出産する。16年後・・・


    原作: ペンタメローネ 1日目第9話 「魔法の牝鹿」

② ストロングクリフ国の王は小さな民家から聞こえてくる歌声に魅せられどんなに美しい娘なのだろうと思いを馳せる。高価な贈り物を届けさせるが娘は姿を見せようとしない。
 実は歌声の主は妹と暮らす老婆ドーラだった。
 なんども戸口にまで来て口説く王に、ついにドーラは灯りをともさないことを条件に一夜を共にすることを承諾する。・・・


    原作: ペンタメローネ 1日目第10話 「生皮をはがれた老婆」

③ ハイヒルズ国の王女ヴァイオレットは男性との大人の営みに興味津々。父親である国王に早く結婚したいと迫るが、国王は家臣にも娘にも隠れてノミの調教に夢中だった。
 ついに国王が娘の結婚相手を決めるためのクイズを出す。ところがクイズに正解したのは鬼のような大男だった。国王として約束を違えることはできない。王女は自殺まで考えるがやむなく鬼に従う。王女が連れていかれたのは絶壁の中腹にある洞窟で逃げ出すことは不可能。・・・


    原作: ペンタメローネ 1日目第5話 「ノミ」


・ 監督: マッテオ・ガローネ
・ 原作: ジャンバティスタ・バジーレ
・ 出演: 
サルマ・ハエック        ①ロングトレリス国の王妃
ヴァンサン・カッセル     ②ストロングクリフ国の王
トビー・ジョーンズ       ③ハイヒルズ国の王
シャーリー・ヘンダーソン   ②インマ、妹
ヘイレー・カーマイケル    ②ドーラ、姉
ビビー・ケイヴ          ③ヴァイオレット、王女
ステイシー・マーティン     ②若いドーラ
クリスチャン・リース/ジョナ・リース ①エリアス/ジョナ
ジョン・C・ライリー        ①ロングトレリス国の王
ギヨーム・ドゥロネ        ③オーグ(鬼)

<参考書籍> 大修館書店「ペンタメローネ(五日物語)」 バジーレ(作)、杉山洋子・三宅忠明(訳)

■五日物語 3つの王国と3人の女 TALE OF TALES (2015/2016、イタリア/フランス)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5034-af168d10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)