どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ガール・オン・ザ・トレイン (2016) ★
離婚して二年、レイチェルは未だに以前の生活に未練があって昼間から飲酒している。レイチェルが理想の妻だと思っていた名前も知らない若い女性が行方不明となりレイチェルに疑いがかかる。しかしレイチェルは泥酔していてまったく記憶がない。エミリー・ブラント主演のミステリー/スリラー。

レイチェルが利用しているのはメトロノース鉄道でニューヨークから北の地域に路線を展開している。映画に出てくるアーズリー・オン・ハドソン駅のある路線はハドソン川東岸に沿って北に延びるハドソン線。

□ レイチェルは毎日乗る通勤電車の車窓から見える一軒の家の夫婦を理想の夫婦だと思っていた。
 その二軒隣の家はレイチェルの元夫のトムの家で以前はレイチェルが住んでいた。今はトムが再婚したアナと赤ちゃんイーヴィが住んでいる。

 レイチェルが理想の妻だと思っているメガンはトムの家でイーヴィの子守として雇われている。

 アナはイーヴィを誘拐しようとしたこともあるレイチェルからの無言電話におびえていた。

 レイチェルはアルコール依存症で飲むと非常に凶暴になるがなにも覚えていない。トムもそれで前の会社を首になった。今では昼間でも水筒にウォッカを入れて飲んでいる。
 ある日レイチェルは車窓から理想の妻とばかり思っていた女(メガン)が自宅のベランダで夫ではない男と抱き合っているのを見てしまう。ショックを受けたレイチェルは泥酔したまま電車を降りその家に向かう。
 翌日居候している友人の家で目覚めたレイチェルは血だらけだった。しかし何が起きたのか、自分が何をしたのか、まったく覚えていない。
 ふたりの刑事がレイチェルを訪ねてくる。メガンが行方不明となり付近でレイチェルが目撃されていた。
 ・・・・・・


・ 監督: テイト・テイラー
・ 原作: ポーラ・ホーキンズ
・ 出演: エミリー・ブラント、レベッカ・ファーガソン、ヘイリー・ベネット、ジャスティン・セロー、ルーク・エヴァンス、アリソン・ジャネイ、エドガー・ラミレス、リサ・クドロー、ローラ・プリポン、ダーレン・ゴールドスタイン

■ ガール・オン・ザ・トレイン THE GIRL ON THE TRAIN (2016/2016) 

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5024-575be1df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)