どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

今週末公開される映画  2016/11/11,12
【今週末から日本で公開されるおもしろそうな映画】  

 ジャック・リーチャー NEVER GO BACK 金曜日公開

正義のためなら法律を平気で無視するトム・クルーズの「アウトロー (2012)」に続く第二弾。前作も原題は"JACK REACHER"なのに妙な邦題をつけたためシリーズだとわかりにくくなってしまった。スパイ容疑で逮捕されたかつての同僚スーザン・ターナー少佐を助け出しふたりで真相を探る。トム・クルーズ、コビー・スマルダース

 ミュージアム (日本)

雨の日に猟奇的な殺人を繰り返す“カエル男”を刑事たちが追う。コミックスの映画化。予告編ではおもしろそう。
   

【最近気になる予告編】

 xXx<トリプルX>:再起動 (2017)   2017年2月公開予定

 ヴィン・ディーゼルが超人的な身体能力を持つザンダー・ケイジに扮したアクション映画「トリプルX(2002)」の第三弾。2弾目の「トリプルX ネクスト・レベル (2005)」はアイス・キューブ主演だったが、3弾目はヴィン・ディーゼルが戻ってきて原題もサンダー・ケイジの帰還"XXX: THE RETURN OF XANDER CAGE"。


【最近気になる公開予定の映画】

 五日物語−3つの王国と3人の女 11月25日公開

 「シンデレラ」や「眠れる森の美女」をディズニーで知った人も多いと思うが、原作は17世紀フランスのシャルル・ペローで19世紀ドイツのグリム兄弟も同じ民話を元にしている。彼らよりも早く出版されたのが17世紀初めイタリアのバジーレ著「五日物語(ペンタメローネ)」。
 11月23日(2016)に公開される映画はこの本が原作らしいがこの本には50篇ものお話(10話×5日分)が掲載されているのでどのように映画化されているのか興味がある。


(掲載しているのは私が興味を持った映画のみ。未見の映画についての記載内容は予告編や公式サイトなどから得た情報を基にした“推測”で、間違っている可能性があります。公式サイトは時間がたつと別のものに置き換わることがしばしばあります。)

テーマ:気になる映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5006-9f641460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)