どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

クランプス 魔物の儀式 (2015) ★
やさしさと犠牲というクリスマスの精神を忘れた二組の家族を恐怖が襲う。DVDで観た。

冒頭、ビング・クロスビーのクリスマスソング"It's Beginning to look a lot like Christmas" をバックにものすごい形相でなぐりあいうばいあうクリスマスショッピングのほのぼのとした情景が映し出される。

クランプスは、オーストリアやバイエルンなどヨーロッパ中部に伝わる伝説上の恐ろしい生物で半山羊半悪魔の姿をしている。、クリスマスの頃に現れて悪い子供に警告して罰を与えると伝えられている。聖ニコラウスに同行するとも伝えられている。地方によっては青年たちが恐ろしい扮装をして通りを練り歩き子供たちに親の言うことを聞いて勉強するように言い聞かせる風習がある。角を生やした仮面をつける地方もあって日本の「なまはげ」となぜか似ている。この映画の舞台は米国だが、おばあちゃんがドイツ語を話しているのでオーストリア出身なのかもしれない。

□ 12月23日、トムとサラの一家はクリスマス準備でいらついている。
 息子のマックスはクリスマスを大事にしたいと思っていて、サンタへの手紙も書こうとしている。ドイツ語しか話さないおばあちゃんのオミはマックスをやさしく見守っている。
 毎年やってくるサラの妹のリンダの一家には家族全員うんざりしているが、うわべだけは満面の笑みで大歓迎する。
 ディナーの席で、リンダの娘がマックスが書いたサンタへの手紙をみんなの前で読んで笑いものにする。
 マックスは手紙を引き裂いて窓から捨てた。手紙は宙に舞い上がり、、、、
 サンタクロースの代わりにクランプスがやってくる・・・・・


・ 監督: マイケル・ドハティ
・ 出演: アダム・スコット、トニ・コレット

【映画の中の映画】 「クリスマス・キャロル(原題)(1951)」 TVで放映している。日本では未公開
【映画の中の日本】 ベスの台詞「今夜は紙を使って雪の結晶"Japanese snowflake tree or some crap"を作る」

■クランプス 魔物の儀式 KRAMPUS (2015/---、英語/ドイツ語)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/5004-ad1f98b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)