どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

インフェルノ (2016) ★★
 トム・ハンクスが宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授を演じる「ダ・ヴィンチ・コード(2006)」「天使と悪魔(2009)」に続く第3弾。
 今回の共演は、年末公開される「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー (2016)」のフェリシティ・ジョーンズ 

 このまま人類が増え続ければあと100年で人類は絶滅する。それを避けるためには今のうちに人口の大幅削減をするべきだと考えた大富豪の生化学者が恐ろしい病原菌を開発し一気に世界にばらまこうとする。ばらまかれれば1週間以内に95%が感染し半数が死ぬだろう。しかし本人はすでに自殺。病原菌はなんらかの方法でどこかでばらまかれる。
 TV「美の巨人たち(2016/06/18)」ではヴァザーリの『マルチャーノ・デッラ・キアーナの戦い』の絵の中の文字"Cerca trova"や500人広間の天井裏について紹介していた。

□ ラングドン教授はフィレンツェの病院で目覚める。頭には銃弾がかすめた傷があり過去2日間の記憶がない。最後の記憶はボストンの大学キャンバスにいたところまで。
 女性警官が病院に入ってきてラングドンの目の前で廊下にいた医師を射殺、ラングドンの病室にせまるが医師のシエナの機転でラングドンは病院から逃げ出すことができる。ラングドンはシエナの自宅に匿われる。シエナは子供の頃にラングドンに会ったことがありラングドンの著書のファンだった。
 ラングドンの持ち物の中に記憶にないファラデー・ポインターがあり、ボッティチェリの地獄図(インフェルノ)が映し出された。しかしその絵には3日前にフィレンツェで自殺した米国の大富豪ゾブリストの謎が隠されていた。ラングレンはゾブリストが恐ろしい病原菌を開発し地獄図の謎はその場所を示していると考える。
 ラングレンとシエナは謎を解明するために警官隊の警備を避けながらヴェッキオ宮殿に忍び込む。
 ・・・・・


・ 監督: ロン・ハワード
・ 原作: ダン・ブラウン
・ 出演: トム・ハンクス、フェリシティ・ジョーンズ、イルファン・カーン、オマール・シー、ベン・フォスター、シセ・バベット・クヌッセン、アナ・ウラル
> ファラデーポインター:電池不要で振って発電して使えるポインター
> 英語なのでフローレンス(フィレンツェ)、ベニス(ヴェネツィア)と言っている。

★インフェルノ(字幕) INFERNO (2016/2016)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4999-90badfc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)