どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

GOTHAM/ゴッサム Ep.2-19~22 (TV2016) ★★
GOTHAM/ゴッサム シーズン2全22話の最後19~22話をDVD2枚で観た。

 ブルースやゴードンはカレンを化け物にした“哲学者”が、アーカム責任者のストレンジ教授だという疑いを持つ。
 アーカムを出所したバーバラ・キーンは、ブッチ・ギルジーンやタビサ・ギャラバンと共にいる。
 ペリカンは父親を殺した義理の家族を殺害した。

【2-19】 Wrath of the Villains: Azrael

 ストレンジ教授と話したゴードンは、ストレンジ教授がカレンを化け物にした張本人でブルースの両親殺害にもかかわっていると確信する。
 ゴードンはバーンズ警部に、ストレンジ教授がビクター・フライスをよみがえらせてカレン・ジェニングスを殺させたと主張するが警部は信じない。
 鎧を着て剣を持った「アズラエル」がゴードンを襲ってくる。

【2-20】 Wrath of the Villains: Unleashed

 ストレンジ教授の恐ろしい人体実験を知ったニグマはアーカムから脱走しようとする。
 ブルースからブリジットもアーカムに運ばれたと聞いたセリーヌはアーカムに忍び込む。
 TVの生放送に奇妙な姿をした死んだはずのテオ・ギャラバンが映る。アズラエル(ギャラバン)はブルース・ウェインを殺すという使命を思い出す。
 ペンギンがブッチを訪ねる。

【2-21】 Wrath of the Villains: A Legion of Horribles

 アーカムに忍び込んだセリーナはブリジットを見つけるが、彼女は自分が「炎の女神ファイヤー・フライ」だと思い込んでいてセリーナに炎を浴びせる。
 セリーナがアーカムから戻ってこないため、ブルース、ゴードン、フォックスがアーカムに侵入する。
 足のけがが治っていないアルフレッドは残るが、ブルースたちが戻ってこないのでブロック刑事に助けを求める。

【2-22】 Wrath of the Villains: Transference

 ブロック刑事の指示で警官隊がアーカムに踏み込もうとするが、ゴードンが現れ、問題はないと警官隊を引き揚げさせる。
 ストレンジ教授は上からの命令で、患者の移動と施設の爆破準備をする。核物質もある施設が爆破されれば街は大きな被害を受ける。ゴードンとフォックスは一分を切った時限爆弾に取り組む。
 よみがえったフィッシュ・ムーニーが患者の移送バスを奪ってアーカムから脱出する。


シーズン2を終わって>
   ストレンジ教授が作りだした怪物たちが街に放たれた。
   「闇の組織」の存在が明らかになった。


・ 出演:

ベン・マッケンジー   ……… ジェームズ(ジム)・ゴードン刑事
ドナル・ローグ       ……… ハービー・ブロック刑事
デヴィッド・マズーズ     ……… ブルース・ウェイン
モリーナ・バッカリン     ……… リー・トンプキンス医師
ショーン・パートウィー   ……… アルフレッド・ペニーワース、ブルースの執事
ロビン・ロード・テイラー   ……… オズワルド・コブルポット/ペンギン
エリン・リチャーズ       ……… バーバラ・キーン
キャムレン・ビコンドヴァ   ……… セリーナ・カイル/キャット  ⇒ キャット・ウーマン
コーリー・マイケル・スミス   ……… エドワード(エド)・ニグマ   ⇒ リドラー

ジェームズ・フレイン      ……… テオ・ギャラバン/アズラエル
ジェシカ・ルーカス        ……… タビサ・ギャラバン
クリス・チョーク          ……… ルーシャス・フォックス
ドリュー・パウエル        ……… ブッチ・ギルジーン
ニコラス・ダゴスト        ……… ハービー・デント検事捕 ⇒ トゥーフェイス
マイケル・チクリス        ……… ナサニエル・バーンズ警部

B・D・ウォン            ……… ヒューゴ・ストレンジ教授
トーニャ・ピンキンス        ……… エセル・ピーポディ、ヒューゴ・ストレンジの補佐
ミシェル・ヴェインティミラ     ……… ブリジット・パイク/ファイヤーフライ 
ジェイダ・ピンケット=スミス   ……… フィッシュ・ムーニー
ネイサン・ダロウ         ……… ビクター・フライス/ミスター・フリーズ
クレア・フォーリー        ……… アイビー・ペッパー ⇒ ポイズン・アイビー

>  「⇒」は将来のバットマン時代の呼称

■GOTHAM/ゴッサム(シーズン2)GOTHAM Ep.2-19~22 (TV2015~2016)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4956-6436815e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)