どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

GOTHAM/ゴッサム  Ep.2-7~12 (TV2015~2016) ★★
GOTHAM/ゴッサム シーズン2全22話の7~12話をDVD3枚で観た。

 ゴッサムに恐怖をもたらしたマニアックスのリーダー、ジェロームを殺した実業家のテオ・ギャラバンはヒーローとなり市長に選ばれる。
 ゴードン刑事はゴッサムに来て間もないギャラバンがとんとん拍子に市長になったことに不自然さを感じる。
 ギャラバン新市長は両親を殺害した犯人をつきとめたとブルース・ウェインに話す。
 セリーナはブルースにシルバーは危険だと警告するが、ブルースはシルバーに夢中。

【2-7】  Rise of the Villains: Mommy's Little Monster

 ブッチの案内で、ペンギンと手下はペンギンの母親を救出するため監禁されている倉庫に行く。
 ウェイン邸にブルースを訪ねたセリーナはシルバーに紹介される。
 エド・ニグマは警察本部でもうひとりの自分が隠したクリングルの死体を探す。
 ギャラバンの市長就任祝賀パーティをペンギン一味が襲う。

【2-8】 Rise of the Villains: Tonight's the Night

 ゴードンとブロックはすべての騒ぎの黒幕がギャラバンだと感づくが証拠がない。
 GCPDに凶悪犯バーバラ・キーンが出頭する。
 ブルースはギャラバンから、街を救うためにウェイン産業を売ってほしいと提案される。見返りは両親殺害犯の名前と証拠。

【2-9】 Rise of the Villains: A Bitter Pill to Swallow

 新聞が「ギャラバン市長逮捕」を伝える。
 タビサ・ギャラバンはゴードン刑事の殺人を依頼。
 ニグマはペンギンを匿っている。

【2-10】 Rise of the Villains: The Son of Gotham

 ゴードンとブロックは、ギャラバンの部屋にあったシンボルが昔あった聖デュマ騎士団のものだと知る。今は風俗店になっている デュマの元修道院から血を浴びた女たちが逃げ出す。
 ブルースはシルバーに、犯人の名前を教えたら弁護費用を出すとテオ・ギャラバンに伝えるように頼む。
 テオ・ギャラバンの裁判が開かれ救出された前市長が証言する。

【2-11】 Rise of the Villains: Worse Than a Crime

 ギャラバンの手下に殺されそうになったゴードンはニグマの部屋で目覚める。そこにはペンギンがいた。
 行方不明のブルースを探していたアルフレッドはタビサ・ギャラバンに刺され追われて逃げ回る。
 拉致されたブルースはギャラバン・タワーに監禁されている。デュマの修道士たちは午前0時にブルースを殺すつもり。

【2-12】 Wrath of the Villains: Mr. Freeze

 テオ・ギャラバンの死体が発見されアーカムに移される。テオ・ギャラバン殺害容疑者の コブルポット(ペンギン)が逮捕される。
 市内で連続誘拐事件が発生する。警官の一人が凍った状態で発見される。
 ビクター・フライスは不治の病の妻ノーラを凍結して蘇生する研究をしていた。


・ 出演:

ベン・マッケンジー   ……… ジェームズ(ジム)・ゴードン刑事
ドナル・ローグ      ……… ハービー・ブロック刑事
デヴィッド・マズーズ   ……… ブルース・ウェイン
モリーナ・バッカリン   ……… リー・トンプキンス医師
ショーン・パートウィー   ……… アルフレッド・ペニーワース、ブルースの執事
ロビン・ロード・テイラー   ……… オズワルド・コブルポット/ペンギン
エリン・リチャーズ      ……… バーバラ・キーン
キャムレン・ビコンドヴァ   ……… セリーナ・カイル/キャット  ⇒ キャット・ウーマン
コーリー・マイケル・スミス   ……… エドワード(エド)・ニグマ  ⇒ リドラー☆

ジェームズ・フレイン   ……… テオ・ギャラバン、市長
ジェシカ・ルーカス     ……… タビサ・ギャラバン
ナタリー・アリン・リンド   ……… シルバー・セント・クラウド
クリス・チョーク       ……… ルーシャス・フォックス
ドリュー・パウエル      ……… ブッチ・ギルジーン 
マイケル・チクリス      ……… ナサニエル・バーンズ警部 
ロン・リフキン         ……… クリール神父(デュマ家)
ニコラス・ダゴスト       ……… ハービー・デント検事捕 ⇒ トゥーフェイス
B・D・ウォン          ……… ヒューゴ・ストレンジ教授、アーカムの責任者
ネイサン・ダロウ       ……… ビクター・フライス/ミスター・フリーズ

■GOTHAM/ゴッサム(シーズン2)GOTHAM Ep.2-7~12 (TV2015~2016)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4954-5c19c57f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)