どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

GOTHAM/ゴッサム Ep.2-1~6 (TV2015) ★★
後にバットマン(DCコミックス)となるブルース・ウェインが少年だった頃のゴッサム・シティを描くTVシリーズ。シーズン2全22話の1~6話をDVD3枚で観た。悪徳の街ゴッサムシティの正義を守ろうと奮闘しているジム・ゴードン刑事は、ブルースが成長しバットマンとなったころ警察本部長や警視総監となる。

 シーズン2では、200年ほど前にウェイン家によってゴッサムの歴史から存在を抹消されたデュマ家の末裔が恨みを晴らそうとする。異常犯罪者の矯正施設アーカム・アサイラムでは極秘で恐ろしい研究が行われている。

 シーズン2の初めでは、ファルコンもフィッシュもいなくなったゴッサムでペンギンが暗黒街の王となっている。
 正義を貫こうとするジム・ゴードンだが、大儀のためには多少の妥協も必要だと考えるようになる。
 ブルース・ウェインは両親の殺害犯とウェイン産業の悪事を暴きたいと思っているが、執事のアルフレッドはまだ子供のブルースが危険にさらされることを恐れている。
 警察鑑識のエド・ニグマは資料室のクリスティン・クリングルをなかなか誘えない。
 ブルースとセリーナは惹かれあっているがどちらも踏み出せないでいる。セリーナのライバルが出現する。


【2-1】  Rise of the Villains: Damned If You Do...

ブルースは父親が隠していた地下室を見つけるが、暗証番号がわからず扉を開くことができない。
ローズ本部長は規則違反を理由にゴードンを免職にする。ウェイン邸を訪れたゴードンはブルースの言葉に心を動かされる。
アーカム・アサイラムで騒動が起き、バーバラ・キーンなど6人の囚人が脱走する。

> アーカム・アサイラム:異常犯罪者を矯正するための刑務所兼精神病院

【2-2】  Rise of the Villains: Knock, Knock

 市長が失踪する。
 正義のために卑劣な手段でゴードンは警察に復職する。新任のサラ・エッセン本部長はゴッサムの改革に意欲を燃やす。
 脱走した囚人たちは「マニアックス」と名乗り、ゴッサムの町で大騒ぎを起こす。
 ブルースは父親とウエイン産業の秘密を探ろうとするが、ブルースを気遣うアルフレッドに妨害される。

【2-3】  Rise of the Villains: The Last Laugh

  ハービー・ブロックが警察に復帰し、ゴードンと共にGCPDを襲撃したマニアックスを追う。
  ブルースとアレックス、リー・トンプキンスたちが出席しセリーナがもぐりこんだ小児病院の慈善パーティをマニアックスが襲い殺戮が始まる。

【2-4】  Rise of the Villains: Strike Force

 GCPD本部にナサニエル・バーンズ警部がトップとして赴任する。バーンズ警部は新人警官4人を抜擢しゴードン刑事を指揮官とする突撃部隊"Strike Force"アルファを編成する。
 マニアックスのリーダー、ジェロームを殺した実業家のテオ・ギャラバンはヒーローとなる。テオ・ギャラバンは、市長に立候補する。
 ブルースは命の恩人のテオ・ギャラバンを食事に招待し、美少女シルバー・セント・クラウドを紹介される。

【2-5】  Rise of the Villains: Scarification

 バーンズ警部はゴードンにペンギンの悪事を暴き逮捕するように命じる。
 ゴッサムで一夜に5件の放火が発生する。
 ペンギンはギャラバンの目的をつきとめる。

> ブロック刑事の台詞『張り込みか。ドーナツを買おう』。警官はドーナツが好きということになっている。

【2-6】  Rise of the Villains: By Fire

 ゴードンたちは突撃班員を殺した女性放火犯を追う。ゴードンは防犯カメラの映像から、放火犯と一緒にセリーナがいるのを知る。
 ペンギンに左手の手首を切り落とされたプッチは、ペンギンを見限りギャラバンの手下になる。
 クリステン・クリングルはエド・ニグマの自宅に招かれる。



・ 出演:

ベン・マッケンジー   ……… ジェームズ(ジム)・ゴードン刑事
ドナル・ローグ      ……… ハービー・ブロック刑事
デヴィッド・マズーズ   ……… ブルース・ウェイン
モリーナ・バッカリン   ……… リー・トンプキンス医師
ショーン・パートウィー   ……… アルフレッド・ペニーワース、ブルースの執事
ロビン・ロード・テイラー   ……… オズワルド・コブルポット/ペンギン
エリン・リチャーズ      ……… バーバラ・キーン
キャムレン・ビコンドヴァ   ……… セリーナ・カイル/キャット  ⇒ キャット・ウーマン
コーリー・マイケル・スミス   ……… エドワード(エド)・ニグマ  ⇒ リドラー

ジェームズ・フレイン       ……… テオ・ギャラバン
ジェシカ・ルーカス         ……… タビサ・ギャラバン
ドリュー・パウエル       ……… ブッチ・ギルジーン
マイケル・チクリス        ……… ナサニエル・バーンズ警部
チェルシー・スパック        ……… クリステン・クリングル
クリス・チョーク            ……… ルーシャス・フォックス
キャメロン・モナハン         ……… ジェローム・バレスカ
ナタリー・アリン・リンド        ……… シルバー・セント・クラウド
ミシェル・ヴェインティミラ      ……… ブリジット・パイク ⇒ ファイヤーフライ
クレア・フォーリー          ……… アイビー・ペッパー ⇒ ポイズン・アイビー
アンソニー・キャリガン       ……… ビクター・ザーズ

■GOTHAM/ゴッサム(シーズン2) GOTHAM Ep.2-1~6 (TV2015~2016)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4953-cefafb1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)