どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント (2016) ★
スピルバーグ監督の長編映画はとても好きで「激突!(1971)」「JAWS/ジョーズ(1975)」の頃からほとんど観たけれど、もっとも残念な映画。「チャーリーとチョコレート工場」のロアルド・ダール原作。

 美しい映像もあるけれど全体に退屈。ハラハラするシーンもなく、スピード感もない。BFGとソフィーの友情も伝わってこない。
 ゴジラくらいの大きさの巨人が下駄のように車に乗っかったら車はつぶれて土にめり込むだろう。
 おもしろいのはガスを噴出する下品なシーンくらい。特に、犬の表情がおもしろかった。

 巨人たちを悪者にしているけれど彼らは自分たちの領域に入り込んできたソフィーを食べようとしただけ。人間の国から人食い巨人の国にソフィーをさらったのはBFG。孤児院から子供がいなくなったという新聞記事はソフィーのことだろう。
 巨人たちは人間に見つかることを恐れているから人間の国に行って子供をさらうようなことはしないだろう。ただし廃車が何台もあるので迷い込んだ人間が食べられたのかも知れない。そうだとしたら危険地域として人間たちに警告するべき。
 自分たちと違うというだけで言い分も聞かずに差別し、虐待し、強制的に捕獲して追放したと感じた。
 遠くの島に隔離するのにオバケキュウリしか与えないのもかわいそう。せめていろんな野菜や果物の種をあげて食生活が豊かになれば心もおだやかになるだろう。

□ 1983年、ロンドンの孤児院にいるソフィーは朝の3時に窓から街路を見ていて巨人を発見する。自分の姿を見られた巨人はソフィーをさらい巨人の国に連れ帰る。巨人はソフィーを傷つけたり食べたりするつもりはなくただ巨人の存在を人間に知られないようにさらったのだ。
 逃がしてはくれないけれど巨人は意外にやさしかった。巨人は昔誰かに“ビッグ・フレンドリー・ジャイアント”と呼ばれた。長いのでソフィーは“BFG”と呼ぶことにする。
 巨人の国には他にもBFGよりはるかに大きい9人の巨人がいてBFGをチビと呼んでいじめていた。彼らは人間が大好物だった。
 ソフィーの存在を知った巨人たちはごちそうを探し回る。
 ・・・・・・


・ 監督: スティーヴン・スピルバーグ
・ 原作: ロアルド・ダール "The BFG (1982)" (翻訳書『オ・ヤサシ巨人 BFG』)
・ 出演: マーク・ライランス、 ルビー・バーンヒル、 ペネロープ・ウィルトン 、ジェマイン・クレメント、レベッカ・ホール 、レイフ・スポール、ビル・ヘイダー

【映画の中の本】 「ニコラス・ニクルビー(1938)」 ... チャールズ・ディケンズの小説

> ソフィーが机に置いた封筒から年号がわかる。

■BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(字幕) THE BFG (2016/2016)



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4950-2eca6b55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)