どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

黒衣の刺客 (2015、台湾) ★
美しい映像。静かな映画で台詞が少ない。
 主人公の女刺客はほとんど無表情で何を考えているのかわからない。暗殺するように命じられたのは幼い頃に心をときめかせた相手。
 DVDで観た。
 カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した。

(歴史背景) 最盛期には中央アジアまでも支配下に置いた帝国「唐」だったが、8世紀中ごろの755年に安禄山が反乱を起こした。乱は763年に平定されたものの国力は大きく衰えた。辺境の外敵を防ぐために設置した藩鎮(はんちん)の勢力が増し朝廷に逆らうようになる。最強の藩鎮は魏博(ウェイボー)だった。

□ 8世紀後半の唐の時代。 女道士の下で暗殺者としての修行を積んだ聶隠娘(ニエ・インニャン)が魏博の実家に戻る。隠娘は節度使の田季安(ティエン・ジィアン)の暗殺を命じられていた。
 隠娘の叔父田興が田季安を怒らせ降格され左遷されることになる。
 田季安は隠娘が自分を殺そうとしていることを知る。幼いころ隠娘と季安は結婚するはずだったが政治的理由で実現しなかった。
 任地に向かう田興の一行が襲われるが鏡磨きの行商をしている青年と、駆けつけた隠娘に救われる。
 ・・・・・・


・ 監督: ホウ・シャオシェン
・ 原作: 裴鉶《聶隱娘》
・ 出演: スー・チー(聶隠娘)、チャン・チェン(田季安)、チョウ・ユン、シュウ・ファンイー、妻夫木聡
> 日本人の妻夫木聡と忽那汐里が出演している。妻夫木の台詞は叫び声程度で物静かな鏡磨きの青年。忽那は青年の日本での記憶の中にあるだけ。
> 新羅:4~10世紀に朝鮮半島南部にあった国家。海を隔てて日本と接している。

■ 黒衣の刺客  刺客聶隱娘  (2015/2015,台湾・中国・香港、中国語普通話)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4945-e2b2caf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)