どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

I LOVE スヌーピーTHE PEANUTS MOVIE (2015) ★
1950年から50年間も続いたチャールズ・M・シュルツ作コミック「ピーナツ"Peanuts"」のCGアニメ版。原語を聞きたかったのでDVDで観た

 スヌーピーをぬいぐるみでしか知らない人もいるかもしれないが、「ピーナツ」にはチャーリー・ブラウンを始めいろんなユニークな登場人物がいる。コミックは多少は知っているので出演者の個性やお約束もわかる。チャーリーが蹴ろうとするフットボールをルーシーがひっこめてチャーリーがひっくり返るのもお約束。成長しても小さい時からの汚いタオルやぬいぐるみを手放せないというタレントをTVで見ると、ここにもライナスがいると思う。

 コミックの"Peanuts"は4コマ~10コマ程度の短いエピソードの積み重ねで、登場するのは愛や人生に悩む子供たちで大人は出てこない。
 彼らは子供のくせに人生に絶望したりする。彼らの悩みに共感できたり笑ったり泣いたり別の意見を持つことができるのは愛や人生をたくさん経験し時には挫折もした大人であって"Peanuts"はこども向けのマンガではない。

> 昔、『スヌーピーたちのアメリカ(広淵升彦著、新潮社)』を買って今でも手元にある。この本によれば赤毛の女の子は本来顔を見せないらしい。

エンドクレジットの後に映像あり

□ 雪が降っているというのにチャーリー・ブラウンは一度もうまくいったことのない凧あげをしようとする。やはり木に引っかかってルーシーにけなされる。
 赤毛の女の子が転校してくる。チャーリー・ブラウンは彼女に一目ぼれ。おまけに家はチャーリーの家の真向かい。でもチャーリーは話しかけることもできない。
 チャーリーはルーシーのカウンセリングを受けて「かわいすぎて話しかけられない」と相談するが「なぜ私とは話せるの!」と怒鳴られた。ルーシーはチャーリー・ブラウンに勝者"WINNER"になればモテるとアドバイスする。
 チャーリー・ブラウンは学芸会でマジックを披露することにするが・・・
 何をやってもうまくいかないチャーリー・ブラウン。ところがなんとテストで満点を取ってたちまち人気者に・・・


・ 監督: スティーヴ・マーティノ
・ 原作: チャールズ・M・シュルツ
・ 声の出演: ノア・シュナップ、ハドリー・ベル・ミラー、マリエル・シーツ、アレックス・ガーフィン、フランチェスカ・カパルディ、ビル・メレンデス
> レッド・バロン:第一次世界大戦中のドイツの英雄、マンフレート・フォン・リヒトホーフェン男爵。自分の戦闘機を赤く塗らせたためレッド・バロン(赤い男爵)と呼ばれた。2年間で敵機80機を撃墜し、26歳で亡くなった。ウッドストックたちが乗っている◎マークの戦闘機は英軍。

■ I LOVE スヌーピーTHE PEANUTS MOVIE "SNOOPY THE PEANUTS MOVIE" (2015/2015)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4938-622c0850
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)