どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

X-MEN:アポカリプス (2016)(2D字幕) ★★★
映像のものすごさもすごいが、こういう映像を思いつく発想力のすごさにも驚く。
 ジェームズ・マカヴォイがチャールズ・エグゼビア(プロフェッサー)を演じるX-MEN新シリーズ「X-MEN:ファースト・ジェネレーション (2011)」「X-MEN:フューチャー&パスト (2014) 」に続く3作目。「(映画の)シリーズ3作目は最低」という台詞があるので日本の公式サイトに書かれているように本当に三部作完結編なのかもしれない。ただし気が変わったら作れるような終わり方になっている。

 人間たちに怖がられないミュータントを養成して人間とミュータントが仲良く共存できる社会を夢見るチャールズ・エグゼビアと、万一に備えておくべきだと考えるレイブン(ミスティーク)。彼らの予想をはるかに超える力を持つミュータントが出現し汚れきった世界をすべていったん破壊しようとする。しかもチャールズたちの友人だったはずのエリック(マグニートー)が手を貸している。かって戦った仲間はレイブン(ミスティーク)とハンク(ビースト)だけ。レイブンはジーン・グレイやスコットなど若いミュータントを引き連れて戦いに挑む。

> 鉄の爪を持った「ウェポンⅩ」はクレジットに見つからなかった。代わりに「ピザドッグ」を見つけた。演じているのは Tauntaun。

エンドクレジット後に映像あり


□ 紀元前3600年、エジプトに出現した世界最初のミュータント、エン・サバ・ヌールは4人のミュータントを従者として従えさせ神として君臨した。エン・サバ・ヌールは魂を若い肉体に移す儀式に乗じた反乱で封印された。

 1983年、チャールズ・エグゼビア(プロフェッサー)は屋敷を学園にして若いミュータントたちに力を制御する訓練を行い人間と平和に暮らせる社会を目指していた。
 両眼から出る破壊光線を制御できないスコットは兄のアレックス(ハボック)に連れられて学園にやってくる。学園にはやはりサイコキネシス能力を抑えられない若いジーンもいた。
 地球全体に伝わる振動が起こり、テレパシー能力を持つジーンは世界の終わりを見る。プロフェッサーは震源地のカイロにCIAのモイラがいるのを知る。
 ポーランドに身を潜めていたエリック(マグニートー)は地震をきっかけに正体がばれて妻子を失い姿を現す。ニュースで父親の出現を知ったピエトロ(クィックシルバー)は父親に会うため学園に向かう。
 エリックの悲しいニュースを知ったレイブン(ミスティーク)が学園に現れる。ミスティークは世界のミュータントから英雄とあこがられていた。レイブンは戦える能力を持ったX-MENを養成すべきだと考えている。
 復活したエン・サバ・ヌールは従者を集めマグニートーも加わる。
 エン・サバ・ヌールが従者と共に学園に現れチャールズをさらう。大爆発が起き学園が崩壊する。
 能力を増強したマグニートーは世界中を破壊し始める。
 レイヴンは若いミュータントたちを率いてチャールズとエリックの救出に向かう。
 ・・・・・・


・ 監督: ブライアン・シンガー
・ 出演: 
  ジェームズ・マカヴォイ     .......... チャールズ・エグゼビア(プロフェッサー)
  マイケル・ファスベンダー     .......... エリック・レーンシャー(マグニートー)
  ジェニファー・ローレンス     .......... レイブン(ミスティーク)
  オスカー・アイザック        .......... エン・サバ・ヌール(アポカリプス)
  ニコラス・ホルト          .......... ハンク・マッコイ(ビースト)
  ローズ・バーン          .......... モイラ・マクタガート、CIA
  オリヴィア・マン        .......... サイロック
  エヴァン・ピーターズ     .......... ピーター・マキシモフ(クイックシルバー)
  コディ・スミット=マクフィー     .......... カート・ワグナー(ナイトクローラー)
  ソフィー・ターナー         .......... ジーン・グレイ
  タイ・シェリダン          .......... スコット・サマーズ(サイクロップス)
  アレクサンドラ・シップ     .......... オロロ・モンロー(ストーム)
  ルーカス・ティル         .......... アレックス・サマーズ(ハボック)
  ベン・ハーディ          .......... エンジェル
  ジョシュ・ヘルマン        .......... ウィリアム・ストライカー大佐

「映画の中の映画」「スターウォーズⅤ 帝国の逆襲 (1980)」スコットやジーンたちが映画館で観る。
「映画の中のTV」「スタートレック」:カークたちは5000年前の地球に降り立つ。カイロでオロロ・マンロー(ストーム)の部屋のTVに映っている。
「映画の中のTV」「ナイトライダー」:ピエトロの部屋のTVにテーマ音楽と共に一瞬映る。
「映画の中の日本」ピエトロがアーケード・ゲーム・マシンの「パックマン」をしている。
「映画の中の日本」鎌倉の大仏が一瞬映る。

■ X-MEN:アポカリプス X-MEN: APOCALYPSE (2016/2016)(2D字幕)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4911-a68d7c46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)