どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ファンキーランド (2012) ★
イーライは推薦されて音楽学校のオーディションを受けられることになる。しかし母子家庭の母親は麻薬中毒、妹はまだ幼い。母親をリハビリ施設に入れるためには母親をクスリでハイにしなければならなくなるコメディ。おまけに怖そうな売人がヤバそうなディーラーからクスリを仕入れる通訳までするはめとなる。DVDで観た。

原題"WHY STOP NOW?"を直訳すると「なぜ 今 やめる?」。『なぜあきらめるのか?』という意味だろうか。
邦題は、ジェシー・アイゼンバーグの「アドベンチャーランドへようこそ(2009)」から思いついた?

□ スーパーで働いているイーライは音楽学校のピアノのオーディションの前夜、近所でやっていたパーティに押しかけて悪酔いして片思いしているクロエの前でカッコよくピアノを弾こうとして吐いてしまう。
 朝、イーライは9歳の妹のニコールを学校に連れていく。ニコールはいつも手にはめている靴下人形のフリオを通して誰に対しても汚い言葉を使うので、教師に注意される。次にイーライは、麻薬依存症の母親ペニーをリハビリ施設に連れていく。しかしリハビリに備えてクスリを控えていたため検査は陰性で入所を断られる。面接した看護師はクスリをやって陽性になったら入れてやるとペニーに言った。
 イーライは母親のためにクスリを手に入れることにする。
 イーライは母親に教えてもらった売人のスプリンクルスと会う。しかしスプリンクルスは在庫を切らしていて、ディーラーから買おうとするが相手がスペイン語で話が通じない。しかたなくイーライが通訳をすることになる。交渉がもめてイーライは手を怪我してしまう。
 イーライは手に包帯を巻いてピアノのオーディションに向かう。
 ・・・・・・


・ 監督: フィリップ・ドーリング、ロン・ナイスワーナー
・ 出演: ジェシー・アイゼンバーグ、メリッサ・レオ、トレイシー・モーガン
     サラ・ラモス、ステファニー・マーチ、ポール・カルデロン、エマ・レイン・ライル(子役)、イザイア・ウィットロック・Jr
> 靴下人形"sock-puppet": ニコールは靴下を手にはめて人形に見立てている。子供のころ毛糸の手袋の左右を合わせて手にはめて人形にしたことはあるけれど。
> イーライがドラッグを買いに行くときペニーがサングラスをさせてフードをかぶせる。イーライの台詞「これじゃ“爆弾魔”だ(字幕)」。英語音声では"Unabomber" 、1978~95年に米国を騒がせた爆弾魔、セオドア・カジンスキー(ユナボンバー)のこと。指名手配の似顔絵がサングラスにフード。

■ファンキーランド WHY STOP NOW? (2012/未)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4902-963814ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)