どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

トゥームレイダー (2001) ★★★
人気アクション・ゲームの映画版。ゲームはほとんどしないがこのゲームの画面は見たことがある。約15年前の映画。昔映画館で観た。今回DVDで再び観た。

 「17歳のカルテ(1999)」でオスカー助演女優賞を受賞したアンジェリーナ・ジョリーがララ・クロフトを演じて、アクション女優としての道も切り開いた。続編として「トゥームレイダー2 (2003)」がある。
 ララ・クロフトの父親クロフト卿役をアンジェリーナ・ジョリーの父親ジョン・ヴォイトが演じている。
 この映画では助演のダニエル・クレイグは5年後、「007 カジノ・ロワイヤル (2006)」でジェームズ・ボンドとなる。

 2018年にリメイク版が公開される予定。偶然だとは思うが「リリーのすべて(2015)」でオスカー助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィカンダーがララ・クロフトを演じる。

 冒頭いきなり派手なアクションシーンがある。DVDに収録されているサイモン・ウェスト監督の解説によれば、アンジェリーナ・ジョリーは最初は拳銃を持つこともできなかったが3か月の訓練で指で拳銃を回せるほどになったそうだ。
 続いてシャワーシーン、バスタオルを取るシーンとサービス満点。このシャワーシーンではアンジェリーナ・ジョリーは体に23ヵ所(当時)タトゥーがあるので隠すのに苦労したそうだ。その後、ララがタオルを取るシーンではPG13に収めるために少しだけ見せるようにした。

□ 5000年に1度の惑星直列まで1週間。ララに“光のトライアングル”について話してくれた父親のクロフト卿は1985年に消息を絶った。
 惑星直列の第一段階の夜中に目覚めたララは屋敷の階段の下の隠し部屋で「時計」を見つける。
 ララが父親の旧友に紹介された弁護士のマンフレッド・パウエルに「時計」について相談した夜、重武装した集団がララの屋敷に侵入し「時計」を奪っていった。
 翌日、父親が生前に手配していた手紙が届く。父親が隠した「時計」は“光のトライアングルの聖なる2つの破片”に導く「鍵」だった。秘密結社イルミナーティが“光のトライアングル”を手に入れて世界を支配しようとしていた。
 ・・・・・・


・ 監督: サイモン・ウェスト
・ 出演: アンジェリーナ・ジョリージョン・ヴォイト、ノア・テイラー、イアン・グレン、ダニエル・クレイグ

■ トゥームレイダー LARA CROFT: TOMB RAIDER (2001/2001)

テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4900-6a95d3f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)