どんくらの映画わくわくどきどき
自分が観た映画の話題を中心に日ごろ感じたことを書きたい放題     左の写真はフランスのシュノンソー城にて     文中敬称略。文&写真:どんくら
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

リンク

 ・ どんくらの映画わくわくどきどき 映画記事索引
 ・ 映画生活
 ・ エキサイト・シネマ
 ・ goo映画
 ・ シネマトゥデイ
 ・ シネマカフェ

ブログ内検索

プロフィール

どんくら

どんくら
好きなことは、映画、写真、旅行、パソコン。最近は語学に力を入れています。
[映画スキ度]
 ★★★ 何度でも観たい。
 ★★or▲▲ もう一度観た/観たい
 ★or▲ 観てよかった。
 ■ フツー。観ても観なくても良かった。
 ▼ ・・・
自己紹介は「自分のこと」を参照してください。
> 本ブログは個人として運営しているものです。一度投稿したものも随時更新する場合があります。
> 記載内容については正確であることを心がけていますが、保障するものではありません。感想等については主観的なものです。キャストなども個人的に興味を持ったものしか記載していないので映画データとしては使用しないでください。明記しない限り原語版(字幕版)、映画館観賞。
> 人名・地名のカタカナ表記は日本で一般に使われていると思われるもので表記しています。スカーレット・ヨハンソンやジャッキー・チェンなど個人的には疑問を感じますが、大勢に従います。
> 「年」については原則として(世界での一般公開年/日本での一般公開年)。邦画は日本公開年。
> 原題について。複数の原題が存在することがあります。原則として私が映画館やDVDで観たものに映されたタイトルを記載します。
> 邦題について。複数の邦題が存在することがあります。原則として(DVDで観た場合でも)映画館公開時の邦題を記載します。または私が適していると思ったものを記載します。
> 公式サイトなどのリンク先は掲載時には一応確認していますが、後でリンク先が削除されたり無関係のものに変わってしまう場合、逆に更新されずにいつまでも“絶賛公開中”なんていうのもあります。
> コメント/トラックバック大歓迎。異論・反論OK。ただし明らかに無関係なものや著作権を尊重していないサイトと私が判断したものは断りなく削除します。反映には時間がかかります。トラックバック先の内容は保障できません。
> 本ブログの記事や使用している写真はすべて私が記載・撮影したものです。著作権その他の権利は私に所属します。本文中の写真はクリックすると拡大表示されます。映画の場面や俳優の写真を入れた方が見栄えはよくなりますがひとつひとつ著作権を確認するのは無理なので使いません。
since 2006/08/12

FC2カウンター

ホーム・アローン2 (1992) ★
ホーム・アローン(1990)」のケビンが今度はニューヨークでひとりぼっちになる。ケビンはドナルド・トランプとも出会う。ワールド・トレード・センターにも上った。前回戦った2人組とまたもや遭遇。
 前作同様この映画も確かに観たのだが映画館で観た記録がない。TVで観たのかもしれない。DVDで再び観た。

 一作目と比べると二番煎じでおもしろさは格段に落ちる。一作目は幼い子供が自宅を戦場に変えて大人と戦った。本作は大都会ニューヨークでひとりぼっちとなるが前作の自宅の代わりの改築中で閑散とした建物が用意される。

> プラザホテルの中でケビンがロビーの場所を尋ねたのは当時プラザホテルのオーナーだったドナルド・トランプ。

□ 今年のクリスマス、マカリスター家はフロリダ旅行の準備で大わらわ。ケビンは今年も屋根裏部屋で謹慎させられる。うんざりしたケビンは「僕一人で好きな所に旅行して一人で楽しむ」と願った。
 今年も寝過ごした大人4人と子供11人の一行は大慌てで支度して、ケビンがいるのを確認して、空港に出発、空港内を必死に駆けてやっとのことでマイアミ行の離陸に間に合った。
 マイアミ空港についた家族はまたしてもケビンがいないことに気づく。
 家族とはぐれ自分がニューヨークにいることに気づいたケビンは、一人で旅行を楽しむことにして、プラザホテルの最高級スイートに泊まる。
 街に出たケビンは、去年の2人組に捕まってしまう。2人組はダンカン氏のおもちゃ屋のイブの売り上げを盗もうとしていた。ダンカン氏はその売り上げを子供病院に寄付するつもりだった。ケビンはおもちゃ屋を守るため戦いの準備をする。
 ・・・・・


・ 監督: クリス・コロンバス
・ 出演: マコーレー・カルキン、ジョー・ペシ、ダニエル・スターン、キャサリン・オハラ、ジョン・ハード、
     ブレンダ・フリッカー、ティム・カリー、エディ・ブラッケン、デヴィン・ラトレイ バズ

■ ホーム・アローン2 HOME ALONE 2: LOST IN NEW YORK (1992/1992)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://klause.blog53.fc2.com/tb.php/4896-df472af5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)